ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログキーパーと1対1になったシーンの対応方法


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

キーパーと1対1になったシーンの対応方法

2017/8/14

みなさんこんにちは。

いかがお過ごしですか。

もういよいよ夏も本番で暑い日々が続きますが

熱中症にはお気を付けください。

 

本日も張り切ってサッカーのテクニックを紹介していきたいと思います。

今日紹介するのはキーパーと1対1になったときの

対応方法を考えていきたいと思います。

 

キーパーと1対1になったとき、右、左、ループ、股抜き、ドリブルなど

色々な選択肢があると思いますが

他のディフェンスなどがおらず1対1の状況では股抜きを逃げ道として

視野に入れたダブルタッチが簡単でおすすめの方法だと思います。

タイミングと、実践でやる勇気があれば比較的使えるテクニックだと

思いますので今回は詳しく紹介していきたいと思います。

 

実際にキーパーと1対1のシーンになると

シュートは外せない絶好のチャンスです。

せっかくのチャンスは自分のものにしたいですよね。

一見1対1って簡単そうな状況に見えて

難しかったりもします。ということでしっかりと事前に

練習しておく必要があります。

今日はしっかりとやり方を覚えて練習に生かしていってください。

 

それでは実際にどのようにやればいいのか

詳しくみていきましょう。

 

ロンヨン①

 

まずは意識するところからです。

キーパーと1対1の場面をうまく作るためにも

この画像のようなシーンになったら

逆側のゴールポストのさらに外側めがけて

トップスピードで細かいドリブルをしてボールを運びます。

 

このときスピード感が大事ですので

しっかりと速いドリブルが出来る力も必要です。

 

ディフェンスを振り切って完全にフリーになり

キーパーが出てきたら

もうボールには触れずに、ボールと同じスピードで

ボールを追走し、キーパーの動きをよく見るようにします。

 

今まではボールに意識がいっていたところ

スピードを調整しつつキーパーとの駆け引きに

重きを置きます。

 

ロンヨン②

 

キーパーが出てきて距離がある程度詰まってきたところで

体をファーポストの方に開いて軸足をボールの横に下ろすと

最初のドリブルでニアポストは体でブロックできているので

ファーポスト側へと予測して反応します。

 

この画像でいうと赤線がファーポスト

青線がニアポストになります。

 

この段階でファーへのシュートへ反応しなければかっこうの餌食です。

基本に忠実にインサイドキックでキーパーの股を

抜くことができるでしょう。

 

ロンヨン③

 

キーパーが反応したらダブルタッチでゴールポストの外に逃げるように

キーパーを抜きそのまま一気にゴールまで独走します。

 

つまりキーパーと1対1のシーンでは相手の動きをしっかりと見て

自分の行動を選択する必要があります。

 

ある程度余裕を持ってボールをコントロールできるよう

練習しておかなければなりませんし

判断力が必要なので、たとえダブルタッチがうまくできても

成功しないかもしれません。

 

試合でも落ち着いて判断できるように何度も練習しましょう。

 

細かい技の説明もしたいと思います。

 

まず軸足をしっかり踏み込み

自分の好きなタイミングでボールを蹴れるようにします。

 

ロンヨン④

 

そしてタイミングがきたらボールをインサイドで押しながら

左にステップします。

左足インサイドでボールの勢いを吸収し

ディフェンスの足を避けるように外側から巻いて前へ押し出します。

これが上手にできればキーパーもうまくかわすことが出来ると思います。

 

今回紹介した方法はキーパーの股下を通すという方法と

ダブルタッチでかわしてしまうという2つの選択肢があります。

こちらからうまく仕掛けてキーパーが引っかかったときに動けば

うまくいくようになっています。

ぜひ技を完璧に身に着けてから、実践で判断力を磨き

キーパーと1対1になったときに完璧にゴールを決められるように

なってください。

 

こういった一見フリーのような場面って

絶対決めなければならないけれど

逆に外してしまうことも多いのが現実です。

しかしそこをしっかりと決められるプレイヤーが

試合でも活躍すると思います。

切羽つまったシーンではありますが

余裕をもってプレーできるよう日々練習を積み重ねてください。

 

こういったテクニックも頭に入れておくことで

実践にも役立つと思いますのでぜひ画像を見ながら

何度も練習してみてくださいね。

 

以上、キーパーと1対1になったときの対処法を紹介しました。

ロンヨンジャパンは全国のサッカープレイヤーを応援するサイトです。

具体的にはサッカーをやる上で絶対に必要になる

ユニフォームや練習着なんかを作っています。

特にユニフォームはチームの顔ともいえる

大事な存在です。

ぜひかっこよくてメンバーが気に入ったものを身に着けてほしいと思っています。

そしてみなさんが望むようなユニフォームを作るなら

ロンヨンのお任せください。

ロンヨンは今までの経験、デザイン力などから

皆様のどんなご要望にも対応することができると思っております。

また、いい案がうかばないけど新しいユニフォームが欲しい方には

様々な案を提案することができます。

ロンヨンのこだわりページでは

そういったロンヨンの強みや良さなどについて詳しく書かれていますので

興味のある方は是非一度読んでみてください。

またロンヨンの公式ホームページでは

ロンヨンの商品一覧や、ショッピングガイドが掲載されてありますので

こちらも合わせてチェックしてみてください。

 

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP