フットサルユニフォームオーダーロンヨンオフィシャルブログサッカーのシュートが決まるようになる方法を解説!


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

サッカーのシュートが決まるようになる方法を解説!

2017/1/23

みなさんこんにちは。
いよいよ寒さも本番!
寒さ対策は万全で練習に挑んでくださいね。

今日も張り切ってサッカーのテクニックを紹介していきたいと思います。

本日はシュートのコツを解説したいと思います。

サッカーの試合においてどれだけうまく相手を交わすことができても
どれだけスピードを出すことができても
シュートが入らなければ勝つことはできません。
逆に言うとシュートさえ決まれば勝つことができるんです。

勝つために絶対必要なものはシュートですよね。
その最後のシュートが決まるように練習することが大事です。

今日はシュートがなかなか決まらない、
決定率を上げたいという人たちのために練習方法なんかを
紹介していきたいと思います。

まずシュートを決めるためにはどのようなシュートを打つかということの前に
キック力がなければなりません。

そのキック力について初めに解説していきます。

キック力と聞くと足の筋肉をつけることと考えてしまいがちですがそれは違います。

全身の体の部位を絶妙なタイミングで連動させ
ボールに体重をうまく乗せることを言います。

これがうまくできれば強いキックをすることができ、
自分が思うようにボールを飛ばすことができるんですね。

シュートを決めるためにはまずこのキック力を上げることが必要です。

うまくキックするためのコツを書いていくと
まず勢いよく助走をつけます。この助走のパワーがボールに伝わるように!
上半身はリラックスした状態にし、軸足を大きく踏み込みます。

軸足を力強く大きく踏み込むことで蹴り足のふり幅が大きくなり
よりパワフルなキックをすることができるんです。

そして蹴るときですが軸足側の手も大きく広げましょう。
腕を一緒に広げることでフォームが安定し腰のひねりがダイナミックになりますよ。
まさに全身の力をボールに伝える感じですね。

膝から下をすばやく動かし振り抜いて下さい。
ボールを蹴りだした後は蹴り足がより遠くに着地するようなイメージで蹴ると
ダイナミックに蹴ることができて、力も伝わります。

以上のような流れを意識してキックすると今までよりもパワーが伝わって
より精度の高いキックになること間違いなしですよ。

始めはボールが浮いてしまったり、なかなか距離が飛ばなかったりすると思いますが
地道に練習していけば力強いキックができるようになります。

そしてキック力がついたところでシュートのコツです。

シュートは先ほどのキック力だけではうまくいきません。
どれだけ力強いキックができてもキーパーがいるので
キーパの真正面だったりゴールの枠に定まっていなければ
ゴールが決まることはありませんよね。

シュート練習をするときに、当たり前と思うかもしれませんが
キーパーの届かないところに打つ
ということをかなり意識して練習してみてください。

特に初心者は思いっきり蹴っていればいいといったイメージがあるかもしれません。
キーパーのことを考えずにひたすら練習している人も多いです。

でも練習のときからキーパーが取れないようなシュートというものを意識して
やっていかないと本番で絶対ゴールは決まりませんよ。

練習のときも適当に蹴らない、キーパーが取れない枠内をしっかり狙う
これを意識するだけでも決定力は大きく変わってきますからね。

具体的にどこを狙えばいいのかということですが
ゴールの隅が入りやすいと思います。
特に下の隅は決定力が高いという統計も出ています。

とにかく隅を目がけてシュート練習をしていくといいと思います。

ここから効果的なシュートの練習方法を解説していきますね。

実際に試合でシュートを打つとなると
立ち止まった状態で回りにディフェンスがいないという状況はまずないでしょう。
だからこそ実践を意識していろいろなパターンでシュート練習をします。
 

シュートの画像
 

この画像は走りこみながらシュートを打つ練習です。
キック力のときに助走の力をボールに伝えることが大事と言いましたが
しっかり走りこんでシュートを打つことが出来れば
ボールによりパワーが伝わって、力強いシュートになります。

はじめは走りながらボールに勢いを伝えるのは難しいと思うので
こちらも練習しておくといいと思います。
 

シュートの画像
 

次はドリブルをしてからのシュートです。

ドリブルも覚えたてだと、どの辺に蹴っていいか分からないかもしれません。
ドリブルをしながらシュートを打つという流れに慣れたら
自分が一番蹴りやすい位置にボールを持っていき
そこからシュートというように、だんだんと精度を上げていきましょう。
 

以上シュートのコツと練習方法について紹介してきました。
とても基本的なことになりましたが、サッカーを始めた人に限らず
最近なかなかシュートが入らないなという人もこういったことを改めて意識し
練習に励むことで決定力も上がってくると思います。

とにかくシュートを決めるためには練習あるのみです。
めげずに努力し続けてくださいね。
 

ロンヨンジャパンはサッカープレイヤーを応援するサイトです。
具体的には試合で必要なユニフォームなどを手掛けています。

こだわり、自信を持って、お客様に満足していただけるような
完璧なユニフォームを作っています!

ユニフォームの他にもいろいろな種類のサッカーグッズを販売していますので
興味のある人は商品一覧ページを一度チェックしてみてください。

ロンヨンのご注文の流れにロンヨンのユニフォームオーダーの流れが掲載されています。

またロンヨンのホームページには商品情報以外にも
たくさんの情報が掲載されています。
こちらも参考にしてみてくださいね。

  • 一覧

PAGE TOP