ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログロングボールをうまくトラップできるようになる方法!


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

ロングボールをうまくトラップできるようになる方法!

2017/3/13

みなさんこんにちは。

練習は捗っていますでしょうか?

 

本日紹介するのはロングボールのトラップの仕方です。

 

サッカーの試合でパスキャッチは基本ですが

ロングボールをトラップするとなると難易度がぐっと上がるんです。

 

普通のパスだと足の裏なんかを使ってボールを止めることができればいいですが

ロングパスとなるとまずボールが浮き球になっていますし

強さや速さも違います。

 

こういったボールを初心者が取ろうとしても

変な場所に当たって、飛んで行ってしまったり

次の動作へスムーズに移動できなかったりしますよね。

 

本当に初めてだとどうやって受け止めていいのかもわからない状態に

なってしまうと思います。

 

ロングパスは蹴ることももちろん難しいんですが

トラップも難しいということでそれなりの練習が必要なんです。

 

だからこそロングパスがうまく受け止められるように

練習方法やコツを解説していきたいので

ぜひ最後まで読んでみてください。

ロングパスといったら試合中に使用するものですが、

始めから試合のことを想定して練習しても難しいと思います。

 

なぜなら試合になると周りにディフェンダーがいますよね。

トラップもできないのに、さらにディフェンダーのことを意識してしまうと

できるものもできなくなってしまいます。

 

だから始めはディフェンダー関係なく

何もない場所でロングボールを受け止められるようになりましょう!

 

トラップ画像1

 

まずロングボールをトラップするときの基本姿勢です。

 

画像のように股関節を開き、つま先を上に向けて

インサイドを自分の間合いの前に突き出します。

 

この突き出したインサイドの部分の正面にボールが当たるイメージです。

ボールに対して変な角度で足が当たってしまうと

ボールの勢いと共に変な方向へ飛んで行ってしまいます。

 

次のアクションへ移りやすい位置にボールを落とすために

この足の感覚は非常に大切ですよ。

 

また足元に落としすぎても次のパスやドリブルがやりにくいので

適度な間合いをとってボールを落とすように意識してください。

 

つま先を立てることでボールと足が触れる面積が大きくなるので

安定してボールを取ることができます。

なのでしっかりつま先は立ててくださいね。

 

トラップ画像2

 

ボールはすごい勢いで飛んでくるので

少しボールを前に蹴りたいなというときでも

当てるだけで十分です。

少し蹴るような意識をしてしまうと自分が思っていたよりも

はるか遠くへボールが飛んで行ってしまうので注意です。

 

ボールを足元に収めたいときは画像のように

ボールの入射に対して面を垂直より寝かせることで

うまく収めることができます。

 

この状態でしっかりと足首が動かないように固定し

ボールを受け止めましょう。

このときに足首がぐらぐらだとうまくいかないですよ。

 

トラップ画像3

 

逆にボールを前に蹴りだしたいときは

ボールが来る前に構えるまでは一緒ですが

そのときにインサイドの面の角度は画像のように

地面と垂直になるようにしてみてください。

 

膝もしっかり固定して勢いを殺さないようにしてください。

 

今まで話していた通り、ロングパスのトラップには

姿勢や形が非常に大事なんです。

 

一回トラップが成功したからといって、トラップができるということに

してしまうのは少し早いかもしれません。

 

トラップは何回ロングボールがきても自分の思うように

コントロールできるようになってこそ

できたと言えます。

何度も練習しないとなかなか身に付きませんよ~!

 

だんだんと慣れてきたら

友達と距離をとってパスの受け取りをして練習してみてください。

また今回は足のトラップを紹介しましたが

胸で受け取るトラップなんかもあります。

 

ロングパスとなると蹴る側としてもコントロールが難しいので

うまくボールが落ち切らず高めのボールが飛んでくる可能性が高いです。

 

足ではうまく扱えないなというときは

胸でトラップしないといけませんね。

 

今回胸トラップについて詳細は紹介できませんが

足のトラップと、ボールに対する角度や

勢いの吸収の仕方なんかは共通しているところがあります。

 

まずは足トラップをできるように、そして胸トラップもできるようにしておくと

完璧ですね!

みなさん、今回のロングパスのトラップについての記事は

いかがでしたか?

 

ロングパスは蹴る側も受け取る側も難しいですが

試合では絶対に使いたい技になっています。

 

この機会にマスターして

試合で目立っちゃいましょう♪

 

 

 

私たちロンヨンジャパンはサッカー選手を応援しているサイトです。

サッカーで必要なユニフォームの制作を行ったり

練習着の販売を行っています。

 

ユニフォームはチームの印象を決定づける大事なものなので

ぜひみなさまが気に入ったものを着てほしいです。

 

ロンヨンならみなさまのご要望に応えるだけの対応力は備わっておりますし

どんなユニフォームがいいのかアドバイスが欲しいという人たちにも

積極的にお手伝いさせてもらっています。

 

とっても便利に利用できるロンヨンジャパンなので

サッカーをやっている人はぜひチェックしてほしいです。

 

ロンヨンの商品一覧ページでは

ロンヨンが扱っている商品を紹介しています。

ロンヨンのご注文の流れ

ロンヨンのユニフォームオーダーの流れが掲載されています。

興味のある方はぜひチェックしてみてください。

 

ロンヨンのホームページには

他にもロンヨンについての情報もたくさん載っていますので

ぜひご覧ください。

 

  • 一覧

PAGE TOP