ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログフリーキックで使える蹴り方をマスターしよう!


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

フリーキックで使える蹴り方をマスターしよう!

2017/2/13

みなさんこんにちは!

寒い日が続いていますが体調にはお気を付けください。

 

本日はみなさんよくご存じのフリーキックで使えるテクニック。

フリーキックと言えば、得点ゲットの大きなチャンスですよね。

そこで確実に点を取れるようになればチームの勝利にも大きく貢献できます。

 

またプロのサッカー選手にはフリーキックを得意とする人も多く

そのカッコいい姿に憧れを抱く人も多いでしょう。

例えばC・ロナウドやデビッド・ベッカム。

また、日本人選手でも本田圭佑、遠藤保仁などフリーキックで有名な選手は

試合でも目立っている気がします。

遠くからダイナミックなシュートをスパッと決めたら本人も見ている側も

とても気持ちがいいものですよね。

 

そんな憧れの人たちに近づくためのテクニックを伝授しちゃいますよ。

具体的にはフリーキックのときに使える蹴り方を解説したいと思います。

 

まずはフリーキックの基本です。

フリーキックとはプレー中になんらかのファウルがあったとき

反則を受けた側が反則を受けた場所から相手の妨害を受けない形で

プレーを再開することができるものです。

 

ゴールに近ければ直接シュートも狙えるので

フリーキックからゴールにつながるパターンはよく見る光景なんだと思います。

 

今回紹介するのはそんなゴール近くから直接シュートを狙うような場面です。

 

通常ゴール前のフリーキックの場面ではディフェンスチームは壁を作って

ニアサイド側のシュートコースを狭め、壁が防ぎきれないコースはゴールキーパーが

対応してくるでしょう。

 

いくら相手からの妨害を受けないと言っても

ディフェンスの壁とゴールキーパーを破るシュートを打つのは

なかなか難しいことです。

 

ここでシューターは壁をかわしてニアサイドに決めるか

壁がいないコースに蹴ってファーサイドに決めるかの二択になってくるんですね。

 

こんなときに多くの球種を蹴ることができれば

シュートの決定率があがると思いませんか?

 

仮にストレートのボールしか蹴れないとすると

壁がいない方向に蹴ることしかできません。

しかしカーブのような球を蹴ることができれば壁をかわして

ニアサイドに決めることもできるんです。

 

そんな球種を2つ紹介していきますよ~!

 

まずもっとも基本的なカーブボールから。

 

フリーキックの画像

 

カーブをけるときはボールを足のインサイドで擦りあげるように蹴ります。

ボールの中心からやや右下を蹴るようなイメージがいいでしょう。

助走はボールの真後ろからつけるというよりは

やや横方向から行うとカーブがうまくつくと思います。

 

次はドロップボールです。

これは難易度が少々高いです。

ボールが鋭く落ちるようなシュートになります。

 

フリーキックの画像

 

ドロップキックをするときはボールの下に足を滑り込ませ

上に向かって縦に回転をかけるように

シュートをうちます。

 

縦回転をつけることができれば

ボールが落ちるような軌道を描いてくれるので

キーパーも防げないようなシュートが打てるというわけです。

 

しかしフリーキックの場面ではディフェンスが壁を作っているのがポイントでしたね。

つまり壁を超える高さも出さないといけないということです。

 

フリーキックの画像

 

そこでこの画像のように横から蹴るようにすることで

足の振り上げの角度を変えてあげれば高さを出すことができます。

 

ただ横から蹴ることでインパクトの力が弱まってしまうので

しっかり深く踏み込んでインパクトを強くするということを意識してください!

 

人の足の形はそれぞれなのでドロップボールをうまく行うための

ミートやフォームは人によって違ってくると思います。

縦回転のイメージを持ちながら何度も練習し

自分のやり方を確立していかなければなりません。

ここが難しいところではありますが

以上の解説のイメージを持ちながら練習を続けてみてくださいね。

以上カーブボールとドロップボールの二つを紹介しました。

いかがでしたか?

フリーキックはただでさえ遠くからシュートを打つということでパワーがいりますし

壁を打ち破る必要もあるのでかなり何度が高くなります。

まずは基本的な力強いシュートを習得してから

カーブやドロップボールを連取してみてくださいね。

 

特にドロップボールは難しいので練習にも根気がいりますが

自分の成長した姿を思い浮かべながら

自分なりのやり方というのを見つけていってください(^^♪

ロンヨンジャパンは全国のサッカープレイヤーを応援するサイトです。

サッカーをするにあたって絶対に必要になってくるユニフォームなんかを

手掛けています。

 

ユニフォームはそのチームのイメージを決めてしまうものでもあります。

だからこそ自分たちで納得いったユニフォームを着てほしいです。

 

ロンヨンジャパンではそんなユニフォームが作れるように徹底的にサポートする

体制が整っています。

今までの経験から対応力というのはもちろんですが

デザインや品質にもかなりこだわっていますので

かなりクオリティの高いユニフォームが完成すると思いますよ(^^)/

 

みなさんもぜひロンヨンで納得いくユニフォームを作ってみましょう。

気になる方はロンヨンジャパンのホームページをご覧ください。

ロンヨンのご注文の流れにロンヨンのユニフォームオーダーの流れが掲載されています。

また商品一覧ページではロンヨンが扱っている商品についても掲載してあります。

ユニフォーム以外ももちろん扱っていますのでチェックしてみてくださいね。

 

  • 一覧

PAGE TOP