ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

これだから失敗するリフティング!

2017/5/1

みなさんこんにちは。 日中はかなり暑くなってきましたね。 歩いているだけで汗をかきそうです。 サッカーをするにも体力が消耗する季節ですが この季節こそ頑張っていきましょう♪   本日はリフティングのコツを伝授したいのですが コツというよりこのやり方だと失敗してしまうという例から 見ていきたいと思います。 何度も何度も練習してるのに、一部だけうまくいかない、なんで? と思っている人にぜひ見ていただきたいです。 自分的にはできるはずの練習をしているはずなのにできないときって 一番モチベーションも下がってしまいますよね。 もしかしたら今回紹介するようなちょっとしたミスやだめなパターンになっているかもしれません。 今日をいい機会にぜひリフティングを完璧にしてください。   それでは早速紹介していきたいと思います。   リフティングの画像   まずはこの画像のようにひざが伸びきっているパターンです。 棒足リフティングと言います。 ひざがうまく使えないとリフティングはうまくいきません。 ひざを軽く曲げて蹴るように意識するだけでリフティングが安定します。   リフティングの画像   次は足首がぴくぴくしたリフティングです。 このやり方は特にNGです。 足首をしっかり固定してリフティングをやらなければ しっかりとボールをコントロールすることができません。 逆に足首を固定するだけでしっかりとボールを真上に正確にあげることが できるので、今まで足首がふにゃふにゃだったなという人は これだけでも意識してみてください。 特に大事なポイントですよ。   リフティングの画像   次に軸足がぴょんぴょんと浮いてしまう人がいます。 足でとんとんとリフティングしているうちに 軸足のほうもジャンプしてしまう人です。 これもやってはいけません。 軸足がジャンプしてしまうと、軸がぶれるので まったく安定しません。 これでは安定したリフティングはできませんね。 リフティング成功のために安定は絶対です。 軸足をしっかり据えるように意識してくださいね。   リフティングといったら画像のように足首で連続してボールをあげるのが 基本的ですが、いろいろなやり方を組み合わせて 難易度の高いリフティングにどんどん挑戦していきたいですよね。 このように軸足がぶれてしまうと難しいリフティングは全くできません。 今できているからいいということではなく、リフティングをマスターする上で 絶対に直しておきたいところなので、ご自身があてはまる方は 注意してくださいね。   リフティングの画像   次に蹴っている位置の問題があります。 仮に打点が高いとこれはリフティングがうまくいかないポイントになってしまいます。   高い位置で蹴っているとまたぐ余裕がなくなるので いろいろなリフティングを試すことが難しくなります。 逆に低い位置で蹴っているとまたぐ余裕もでてくるので 上手にリフティングをやることが可能になります。 また低い、なおかつ同じ打点で安定して蹴ることも大事です。   低かったり高かったりしてもまた問題です。 蹴る位置は同じ位置で安定させるよう意識しましょう。   リフティングの画像   次は上半身の使い方です。   上半身が画像のようにのけぞっているとうまくリフティングができません。 もう少し前傾姿勢をおすすめしています。 特にコンボをするときは前傾のほうがやりやすいので 基本の技をやるときから前傾を意識するとうまくいくと思います。   リフティングの画像   次につま先を立てすぎの人はリフティングがうまくいきません。 つま先のとがったところにボールがあたると ボールは変な方向に飛んで行ってしまいますよね。 つま先などピンポイントでとらえすぎると ボールのコントロールはうまくいかないのです。 少しでもずれるとボールのタッチがずれてしまいます。 そうすれば安定してコントロールできません。   もう少しつま先を平らにしてみると当たる位置が変わるので 安定して真上に蹴ることができると思います。 意識としてはインステップは水平を保つようにしましょう。 そうすると広くボールをとらえることができますよ。   リフティングの画像  
最後にスナップやバックスピンがかかってしまうパターンです。 簡単なリフティングならこちらでもかまいませんが 蹴った力は高さとスピンに分けられます。 無回転でボールがあげられるということは蹴った力がそのままボールに無駄なく伝わっているということなので 難しい技をするときにもうまくいきます。 つまりおすすめです! 以上がリフティングのときに気を付けたいポイントです。 まとめると 足首や軸足をしっかりと固定し、ひざを曲げて前傾姿勢でリフティングは行います。 打点はやや低めで安定させて、つま先で蹴らないように注意。 なるべく無回転でボールを安定させることができれば完璧です。   リフティングをある程度練習している方ならできているところも 多いかと思いますが 一つでもできていないところが見つかったらさらに上達できるかもしれませんので ぜひ参考にしてみてくださいね。 ロンヨンジャパンは全国のサッカープレイヤーを応援するサイトです。 具体的にはサッカーのユニフォームや練習着などを手掛けています。  
 
ロンヨンジャパンならみなさん一人ひとりが求めているような
理想のものを作るお手伝いができるのでぜひチェックしてみてください。
ロンヨンのこだわりページでは 具体的にロンヨンのこだわりについてかかれているので ぜひ見てみてくださいね。
 
ロンヨンでは以下のような商品を扱っています!ぜひご覧ください。

・通気性や速乾性に優れ素材も選べる【昇華プリントユニフォーム】

・ユニフォームと自由にカラーの組み合わせ可能!【インナー】

・チームロゴのマーキング可能!【ポロシャツ】

 
ロンヨンジャパンの公式ホームページには ロンヨンについてさらに多くの情報が載っています。
こちらも併せてご覧ください。

  • 一覧

PAGE TOP