ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログサッカーのドリブル、裏街道で相手を置き去りにしよう!


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

サッカーのドリブル、裏街道で相手を置き去りにしよう!

2016/12/12

みなさんこんにちは。
最近はいかがお過ごしですか?

本日はちょっと変わった名前のテクニックを紹介したいと思います。
裏街道という名前の技で三都主やフェルナンドトーレスが好んでやっていました。

裏街道はディフェンスと1対1になったときに
ディフェンスよりも前にボールを蹴りだし、
そのボールに追いつくことでディフェンスを抜いてしまうという
ドリブルの技です。

一見単純そうに見える技ですが、蹴り方やタイミングにも
コツがあって難しいんですよ~!!

しかしこれがマスターできれば試合でも使うことができますし
かっこよく相手を抜くことができますよね。

特に足の速い選手なんかだと裏街道を使いこなせる可能性が大きいので
足に自信がある人は練習してみてはいかがでしょうか。

ディフェンスの前にボールを蹴りだして抜くといっても
あまりイメージがわきませんよね。

ここからは画像つきで解説していこうと思うので
みなさんも参考にしてみてください!

 
裏街道の画像

 

こういうポジションのときに裏街道を使ってみましょう。

相手の裏にスペースがあるときに有効です。

ボールを自分の感覚でコントロールしながら
相手が立ちはだかったときに
横にボールを蹴りだします。

この力加減は少し難しいです。

相手にとられてしまうような弱い力ではもちろんだめですが、
強すぎて自分が追い付けないのもダメ。

相手との距離、自分のスピード感などをわかっていないといけないので
かなり練習しなければなりませんね。

これは一人でコツコツ練習する技というよりは
実際に試合でやってみたり
友達にディフェンスについてもらって練習するのがいいと思います。

どれくらいの感覚で蹴れば自分はボールに追いつけるのか
そういうところは、一人で練習してみてもいいですね。

とにかくボールとの感覚を体に覚えさせることが重要です。

ここでより遠くに蹴れたり、速いボールをけることができれば
相手も追いつける可能性が低くなります。

だからこそ足が速い選手にはマスターしてほしい技です。

サッカー大国ブラジルの選手がよく用いる技なんですよ。

憧れちゃいますよね!!

 
裏街道の画像

 

大体このような角度、距離で蹴りだすとうまくいくと思います。

ボールを片側に蹴りだして、逆側から回り込むようにして
ボールに追いつきます。

ディフェンスはまさか自分の後ろにボールがくるとは思っていないので
動きにとまどいが生じます。

ディフェンスが振り向いたときにはもうボールには追いつけないという
ドリブルテクニックですね。

前にボールを蹴りださないといけないので
前に十分スペースがある場合に行うようにしましょう。

ディフェンスの足が止まる一瞬の隙を狙って
自分は加速。これで一気に抜けます。

裏街道は基本的なドリブルテクニックですが
マスターすると試合でも使えますよ!!

 

裏街道の画像

 

先ほど裏街道は足の速い人ほど有効的だと言いました。

しかし裏街道はいろいろな応用技があるので
仮に足に自信がない人でもできるような裏街道も紹介したいと思います。

この裏街道はディフェンスの後ろにボールを送って抜いてしまうという
基本的なところは違わないのですが
先ほど紹介したものとはやり方が少し違います。

ポジション的にはディフェンスと一対一のときに使えますが
もっと距離がつまっているときにやるイメージです。

一対一の状態のときにわざと足裏でボールを止めて
相手がじらされて出てくるのを待ちましょう。

ボールを突かれる限界まで誘い出すのがポイントです。

足首の角度を固定したまま膝を前方に振り上げて
前方に軽くボールを放り上げます。

そして膝をまっすぐのばし、つま先をボールを飛ばす方向に向けて
ボールが足の甲からつま先に遠心力で転がっていくようなイメージで
前に蹴りだします。

このように蹴ると逆側から相手のディフェンダーの少し前に落ちる感じで
ボールを落とすことができます。

ディフェンスとはギリギリまで距離を詰めているので
そこまで走ることなく
ちょっとしたテクニックで、相手を抜くことができるという感じです。

蹴り方にもコツがあって難しいので練習しなければなりませんが、
基本的な裏街道が出来るようになった人は練習してみてもいいかもしれません。
以上基本的な裏街道のやり方と応用編を紹介しました。

裏街道はプロの選手もアマチュア選手もよく用いるドリブルテクニックなので
ぜひマスターしていただきたいです。

さらに応用技を一つ紹介したように
裏街道には、たくさんの応用方法があります。

まず基本形を身に着ければ、さらに使い方も増やすことができるので
ぜひ挑戦してみてくださいね!!

 

 
ロンヨンジャパンは全てのサッカープレーヤーを応援しています。

具体的にはユニフォームや練習着などを手掛けています。

サッカーをやっていく上で絶対に必要になってくるのがユニフォームですよね。

練習でももちろん使用しますし、試合ではチームのイメージを決めるものなので
ユニフォーム選びにはこだわってほしいです。

ロンヨンジャパンならみなさん一人ひとりが欲しいユニフォームを形にします。

チームの印象や自分たちのモチベーションを上げるのにも大活躍するユニフォーム。

もちろん自分自身のアイディアがある人はそれを形にすることも可能です。

なんとなくかっこいいユニフォームがほしいという人でも
デザイナーがしっかりサポートするので、周りとは違った
ユニフォームをゲットできること間違いなしです。

ロンヨンのユニフォームシュミレーターを使って特別なチームユニフォーム作成をすれば、チームの一体感が出るかもしれません。

ロンヨンのこだわりページには
当社のデザインに対するこだわりやその他の部分についても
書かれていますので気になった人は見てみてください。

加えてロンヨンジャパンホームページ
商品一覧や購入方法などいろいろな情報が記載されています。

そちらも合わせてご覧くださいませ。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP