ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ難易度高めの浮かせ技にチャレンジ


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

難易度高めの浮かせ技にチャレンジ

2018/7/7

こんにちは。
暑い日が続いていますね。気温が変わりやすいこの季節の変わり目、体調を崩す人も多いのではないかと思います。
睡眠と栄養をしっかりとって、万全の状態で練習ができる環境を整えていきましょう。
たまにはしっかりと休憩することも大事です。
気を引き締めつつ、自分のペースでサッカーを楽しんでくださいね!
さて、本日は難易度高めの浮かせ技を紹介したいと思います。
浮かせ技って、見た目も華やかでかっこいいけど、なかなか試合で使えないと思って練習しない人もいるかと思います。
確かに難しいですし、実践で使える度合いは低めになるかもしれません。
しかし練習しておいて意味がないことはありません。
いざというときに役立つかもしれないですし、普段からボールに慣れる練習にもなります。
ということで、今日から浮かせ技にチャレンジしていきましょう。

ボラシーフリック

それではボラシーフリックという技を解説していきます。
ボラシーフリックは相手に追い詰められたとき、ボールを浮かせて逃げるような形で使うことができます。
普段から練習しておけば、いざディフェンスに追い込まれたときに使えるかもしれません。
世界のサッカープレイヤーも使っている動画をよく見ます。
やり方を解説していきますので、チャレンジしてみてください。

まずはじめの状態は、利き足をボールの上に置いた形です。
次に利き足でボールを後ろに引き、逆足にボールを持ち換えます。

浮かせ技①

 

足を入れ替える際に、体を反転させながら行います。
今ははじめの姿勢とは180度反対を向いた感じです。
そして逆足でボールを後ろに引き、立ち足の方向に転がします。
引いてきたボールを、立ち足でジャンプしながらボールを浮かせます。

浮かせ技②

 

ボールを浮かせるときは、つま先を使うようにしましょう。
またボールを上げる位置は、真上だとディフェンスに取られてしまう可能性がありますので、相手が届かないように角度をつけると、完成度が上がると思います。
言葉にして説明すると、ややこしそうに思うかもしれませんが、実際はシンプルで、慣れるとうまくつかえるようになると思います。
具体的にどんな場面でボラシーフリックが使えるのかという場面も想定しておきましょう。
効果的な状況はライン際です。
ライン際で、追ってくる相手に背を向けている状態のときが一番の使い時だと思います。
ボールを浮かせることで、ディフェンスの足から逃げます。
このようにただ練習するのではなく、こんな時に使えるなとか、こういう風に使うといいんだなと考えながらやると、より一層充実した練習になります。
さらに自分のレベルアップにもつながるでしょう。
ぜひボラシーフリックを練習してみてください。

クイデッティフリック

続いてはさらに派手な浮かせ技の紹介です。
こちらのほうが派手で見た目はいいですが、試合で使える可能性は低くなると思います。
しかし練習前や間にやってみるのも面白いと思いますので、参考程度に見てみてください。
やり方はまず、両足交互にボールをタッチしながら後ろに下がっていきます。

浮かせ技③

 

下がってきたところで、後ろで足をクロスさせボールをタッチします。
ボールには触れる程度で少し前にボールがでるかなというくらいです。
ここまでの流れは動画なんかで確認しつつ、滑らかにできるようになればいいですね。
ここまでを一つのセットと考えてください。
そして次からのステップが浮かせる技となります。
先ほどの後ろに下がるステップと浮かせ技を組み合わせたのが、このクイデッティフリックです。
浮かせるのは、まずボールを引いて、引いた足のインサイドでボールを上げます。
そして逆足のアウトサイドを使って一気に持ち上げて、相手の頭上を越えるような球を浮かせるんです。

浮かせ技④

 

ここの浮かせ方が大胆で派手なので、なかなかダイナミックな技に仕上がります。
ツータッチでボールを上げるというのは結構難しいですよね。
はじめはうまくいかないと思いますので、まずは1つずつできるように分割して練習するのがおすすめです。
ボールを引いてインサイドであげるところをとにかく練習してみてください。
それができるようになったら、逆足のかかとで上げられるように。
そのコントロールの仕方を身をもって実践していきましょう。
全体的に難易度が高く、試合でも使える確率は低いですが、やっていて損はありません。
チャレンジしてみてくださいね。

浮かせ技をかっこよく決めよう

以上2種類のかっこいい浮かせ技を紹介しました。
浮かせ技って基本難しいのであきらめてしまう人も多いかもしれません。
しかし特に1つ目は、試合でも使える可能性もありますし、技の完成度関係なしにいい練習になります。
こういった練習を普段からしていれば、足がボールに慣れてきて、周りと差をつけられること間違いなしです。
色々な意味で浮かせ技は一度は練習しておきたいものだと思います。
今日この記事を見た人は、ぜひ明日からでも実践してみてください。
きっと役立つこと間違いなしですよ!

 

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP