ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ【中級者~上級者向け】リフティングをまとめて解説


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

【中級者~上級者向け】リフティングをまとめて解説

2019/7/5

みなさんこんにちは♪
最近は本当に暑くなってきて、いよいよ夏本番だなという感じがしますね。
いかがおすごしでしょうか。
サッカーをやるときは、体温調節をしっかり行って、体調だけは気を付けてやっていきましょう。

本日は中級者~上級者向けのリフティングを解説していきたいと思います。
中級者~上級者向けの技なので、少し難しいですが、その分丁寧に説明しようと思いますので興味のある方はチャレンジしてみてください。

スメアー

まず解説するのはスメアーという技です。
この技は中級者向けの技です。

スメアーをやる前に

さっそくスメアーを解説していきたいんですが、その前に”この技を習得しておくべき”というものがあるので紹介します。
1つ目はアウトのアラウンドザワールドです。
ただできるだけでなく、腰ぐらいまであげて尚且つスピードもしっかり速いというレベルであるほうが望ましいです。
2つ目はドラゴンフライです。
ボールを上げて外回しに蹴るリフティング。
スメアーをやるためには、この二つの技を習得していることが必須条件となります。
まだそれができないという人は、この二つのリフティングから練習をはじめてみてください。

スメアーを練習していこう

事前の確認が終わったところでスメアーの練習に入りましょう。
スメアーはどういった技なのかというと、外回りに二回またいで最後に右足でポンと受けるという技です。

スメアー①

2回も連続で足を回さなければならず、スピードも必要なので見るからに難しそうですが、その分かっこいいです。

ポイント

スメアーをやるにあたってポイントは二つあります。
まず一つ目は先ほども言ったように、アウトのアラウンドザワールドの高さです。
しっかり真上に、腰のあたりまで上げれるようになりましょう。
二つ目のポイントは、2回またぐうちの2回目のまたぎ出しの速さです。
とにかくこのリフティングでは速さが重要になってきます。
極端に言うと、速く回せば成功できるくらいの気持ちで臨んでください。

練習方法

ポイントを踏まえたうえで練習に入っていきます。
まずはアラウンドザワールドを高く速くあげる練習からです。
高さの目安は最低でも腰より高くです。

スメアー②

高さを出すためには、普通のアラウンドザワールドよりも高い位置でタッチすることを意識すること。
しっかり足を大きく上げて、外に逃がしてあげるように股関節を外に開きます。
そうすると足の間からボールがふわっと上がってくる感覚があります。
これができるようになったら次の練習です。
次はいきなり2回目のまたぎをやってしまいましょう。
このときに大事なのが、先ほども言った通り2回目のまたぎ出しの速さです。
1回目のまたぎで足がボールの真上を通り過ぎたくらいから、次の足をまたぎ始めるくらいの意識でやってみましょう。
とにかく速くです。
1回目の足を下す勢いで2回目の足を上げてくる感覚です。
最初は形が汚くなってしまうと思いますがそれはオッケーです。
とにかく速くというのを意識するのがポイントです。
この速さを出すためにもう一つコツがあります。
2回目の足を上げるときにただ膝を上げるのではなく、膝を内に向けてあげるような感じでやってみてください。
スメアー③

太ももを内側に折りたたむようにまたぎ始めると、ボールが膝にあたる心配もなくスムーズにできます。
アラウンドザワールドできていて、あとは速さを意識すればどんどん上達してくると思いますので、挑戦してみてください。

エッグビーター

続いて紹介するのはエッグビーターという技です。
これはなかなか難しい技で、上級者向けです。
ただし重要なポイントを抑えることができれば、きっとできると思います。
それでは解説です。

ポイント

ポイントから解説していきます。
今回ポイントは3つあります。
ポイント①蹴り上げた後すぐに地面に足をつける
ポイント②蹴り上げてから足を回し始めるまでのポイント
ポイント③蹴り上げた瞬間にジャンプする
以上の3点が大事になってきます。
エッグビーターをやる前にFLOができているといいです。
FLOとエッグビーターの違いは、最初のボールを上げる足だけなので、これができているとかなり優位です。

練習方法

それでは練習に入っていきます。
初めはポイント①と②を同時にカバーする練習です。
レッグオーバーを逆足でキャッチするということをやっていましょう。
これがなかなか難しいです。
ここで難しくて嫌になってしまう人もいるかもしれませんが、ポイント①②を思い出してスピード感を意識してみてください。
どんどんコツがつかめてくると思います。
また足の上げ方ですが、膝を真上に上げてひざ下だけで回すような感じでやると最短距離で回すことができ、スピードもでます。

エッグビーター①

これができたらもうあとはエッグビーターを練習していくのみです。
はじめはボールの上に足が乗ってしまいそうで恐怖心もあります。
最初は怖くないように形はこだわらず、動きに慣れるようにやっていきましょう。
ポイントでも言いましたが最初はめちゃくちゃジャンプするつもりでやれば恐怖心も薄れるのでおすすめです。
とにかくエッグビートではレッグオーバーを逆足でとれるようになることと、恐怖心に打ち勝ってとにかく練習することが大事です。
上級者の道への一歩だと思って練習していきましょう。

これができたらあなたも上級者

今日は中級者から上級者向けのリフティングを二つ紹介しました。
少し難しいように思ったかもしれません。
難しい技になってくるほど練習にも時間がかかりますし、恐怖心もでてきてなかなか上達しないということも多いと思います。
ただやっぱりできたときはうれしいですし、コツコツやっていく人だけが上級者になれます。
今日紹介したポイントを参考にしつつ、リフティング上級者目指してやっていってください♪

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP