ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ見た目がかっこいい!サンバフリックのやり方


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

見た目がかっこいい!サンバフリックのやり方

2017/12/14

みなさんこんにちは。
サッカーの練習のほうははかどっていますか?
うまくいく日、全然ダメな日、色々あると思いますが
上達のためにコツコツ頑張っていきましょう。

本日は見た目重視でなかなか実践では使えないかもしれませんが
それでもやってみたくなるほどかっこいい抜き技
サンバフリックについて解説していきます。
頭上を狙ってボールを浮かし、相手を抜き去る技で
かなり派手な技になります。
練習の息抜き程度にチャレンジしてみるのもいいかもしれません。
サンバフリックをマスターして友達にも自慢しちゃいましょう!

それでは早速動作解説に入っていきます。

画像①

まずはディフェンスと1対1の状態で、利き足でボールを後ろに引き

ディフェンスを誘うような動作をします。

画像②

そして引いたボールを逆脚のつま先に乗せ、利き足の膝の高さくらいまで
浮かします。
その浮いたボールをさらに利き足のアウトサイドまたはヒールを使い
相手ディフェンスの頭上を超えるように蹴り上げて突破します。

これが一連の流れになります。
ディフェンスと1対1の状態で抜き去りたいと思う時
いくつか選択肢があると思いますが相手の頭上を通り超える
この技が出れば、ディフェンスも手に負えないでしょう。
文章にしてまとめるとすぐにできそうなほど単純ですが
1つ1つの動作でなかなくうまくいかず完成しない人が
ほとんどだと思います。
なので詳しくポイントを書いていきたいと思います。

まずつま先でリフトアップするシーンですが
ここでてこずる人がかなり多いです。
上手く上がらなければ、次の段階にもっていくことができません。
このときは膝を曲げながらやるとやりやすいので
なかなかうまくいかないなぁという人は膝を曲げてみてください。
そして外に逃しながらボールを乗せるのはインフロント付近。
ボールを上げる高さはだいたい膝上から腰のあたりが目安です。
それより低いと次に蹴りあげるとき、うまくいきません。

蹴り上げやすいように利き足からボール一個分ほど外に置きます。
なかなかこのリフトアップのシーンはてこずるので
細かくここだけを何回も練習してみることをおすすめします。

また失敗例で多いのがボールと体が離れすぎていたり、ボールが低すぎるパターン。
こうなるとなんとかボールを上げることができても
変なところに飛んでいってしまったり、ディフェンスを抜けなかったりします。
こういったポイントに注意してぜひチャレンジしてみてください!

またこのサンバフリックを使った応用技もあるので
サンバフリックをマスターして違うことをやってみたいという人がいれば
ぜひチャレンジしてみましょう。
技の名前はグイデッティフリック。
応用技としてこちらも解説していきます。

画像③

まず右左右左と足を交互に使いながらボールをタッチし
後ろに下がっていくようなステップをします。
さがっていって最後はクロスステップを踏みキャッチ。
足のインサイドでボールを受け止めます。

そしてここからはサンバフリックと同じ動作で
ボールを後ろに引き、引いたボールを逆脚を使って膝上くらいの高さまであげ
利き足のヒールを使って、ボールを上げます。
ここの部分は、サンバフリックができていればできると思います。
グイデッティフリックはサンバフリックよりもさらに
最初のステップを工夫した技で、見た目も豪華です。
ここまでマスターしたらかっこいいですよね。
まずはサンバフリックから、慣れてきたらグイデッティフリックまで
ぜひ挑戦してほしいですね!

以上がサンバフリックとその応用技であるグイデッティフリックの解説でした。
いかがでしたか。やっぱりこういったカッコいい技が一つできると
嬉しいですよね。
試合で使う使わないは別にしろ、ボールに慣れる練習にもなりますし
自慢できるので練習する意味は大いにあると思います。
難しい技ですのですぐにできない人が多く、途中で嫌になるかもしれませんが
ぜひとも最後まで練習しきってほしいです!
みなさまの活躍を期待しています。

ロンヨンジャパンは全国のサッカープレイヤーを応援するサイトです。
具体的には練習着やユニフォーム何かを手掛けています。
特にユニフォームはチームの顔になる存在ですのでとっても重要ですよね。
みなさまにはこだわり抜いたものを着て頂きたいです。
そしてロンヨンジャパンではそんなかっこいい、気に入ったユニフォームを作るための
お手伝いをすることができます。
今まで様々なチームのユニフォームを手掛けてきた実績と経験がありますので
みなさまのわがままにお答えする技術はあると自負しております。
なんとなくかっこいいユニフォームが欲しいというだけでもいいですし
具体的にこんなイメージのものが作りたいというのも大歓迎です!
みなさまのユニフォームづくりを最初から最後まで丁寧にサポートします。
ロンヨンについて興味がわいたという人は
ロンヨンのこだわりページを一度チェックしてみてください。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP