ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ足が遅くても使える!ドラッグバックプルを解説


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

足が遅くても使える!ドラッグバックプルを解説

2018/6/14

こんにちは!
本格的に暑くなってきましたね。
夏を目前に早くもクーラーをガンガンにきかせています。(笑)
サッカーをするときも暑さは大敵です。
体調には気を付けつつしっかりがんばっていきましょう。
今日はドラッグバックプルというフェイントを解説します。
サッカーをやる上でスピードは武器になります。
やっぱり足が速い選手はそれだけで有利ですよね。
しかし、足が遅いからと言って諦めてはいけません。
スピードがないなら、それなりのテクニックを身に着けて、ほかの人と勝負すればいいのです。
今日はスピードに自信がない人にぜひマスターしてほしいい、ドラッグバックプルという技を紹介しますよ~!

ドラッグバックプルって?

ドラッグバックプルってなんだかかっこいい名前ですけど、いったいどんな技なんでしょうか。
正直言って技というよりは、ちょっとした足の使い方のような感じです。
やり方はいたってシンプル。
相手を誘って、足を出させてそのすきに抜くというものです。
技というと難しく聞こえますが、ボールの動かし方のようなものですので、だれでも挑戦しやすいと思います。
それでは詳しい解説です。

ドラッグバッグプルのやり方

ドラッグバックプルをやるときの状況は、止まった状態でボールを受け、相手のプレッシャーを正面から受けているようなときを考えます。
相手が正面からどっしりと構えているとき、相手をいかに動かすかが勝負ですよね。
このドラッグバックプルはそういうときに有効です。
まず相手から遠い脚でボールをキープします。
このときにディフェンスの意識がボールにいくようにするといいです。
相手から遠い脚でボールをキープしながら、一度足の裏を使ってボールを軸足の後ろにもっていきます。

ロンヨン①

 

そしてインサイドで、斜め前(相手の方)にボールを出します。
ここで相手に足を出させるように、ゆっくりボールを動かすのがポイントです。
ロンヨン②
そして食いついてきたなと思ったら、相手がボールに触れる前に足の裏で引いてかわします。
この突破のときに一気にスピードをつけて、縦に抜ききりましょう。

ドラッグバックプルのポイント

ドラッグバックプルのやり方がわかったところで、ポイントを見ていきます。
ボールを引いて、相手の方へさらす場面です。
ボールをさらすときはゆっくりと行うと言いましたが、ここでディフェンスにボールをとられてしまっては意味がありません。
つつかれないように、ボールのもちだしは、足の届く範囲で、大きくやりすぎないように気を付けましょう。
ゆっくり引いて、つつかれる前にかわす。この感覚を身に着けます。
これは自分の幅がそれぞれあると思いますので、自分ができる最大限の幅をもって行います。
このあたりは練習でよく確認しておきたいポイントです。
また相手との間合いも大事になってきます。
相手との距離が近すぎても、引いたときにつつかれてしまいます。
この距離感も、自分の足の長さや感覚を探って、最適な位置を見つけます。
反転の速いディフェンスや、読みの鋭いディフェンスに対応されないようにするためには、誘った後の引きのスピードが重要です。
ここで遅いと、相手にしっかりつかれてしまいます。
スピードの緩急を大事にしてみてください。
相手より先に前にはいるという意識を持ち、しっかり体も入れていきます。
このときにちょっとでも負けてしまうと相手もついてくるので、ここは重要視してください。
しっかりと体をいれておくと、相手もファール覚悟でつっかかってくるしかありません。
相手にとって嫌なオフェンスができるように意識してみてください。
ポイントをまとめと
・距離感や位置は近すぎず遠すぎず、自分のベストを見つける。
・動きの緩急が大事!抜くときはスピードを出して。
・抜くときは相手に負けないように体を入れる
です。
このあたりは文章で説明するというよりも、自分で練習して極めていくのがいいと思いますので、しっかり練習を積み重ねてください。

テクニック次第でスピード力をカバー

以上、スピードがない人でもできるドラッグバックプルを紹介しました。
この技は動き自体は単純でやりやすいのに、試合でもうまくいけば爆発的な威力を発揮します。
動きが曖昧になってしまっては意味がありませんので、しっかり完璧になるまで極める技にしてほしいです。
実はこの技はロナウジーニョ選手も得意とする技でした。
彼の動画を見てみると、スピードをもって抜くというよりは、なんでこんなゆったりしていて、こんなにフローになるの?と不思議になります。
逆に言うと、それほどテクニック次第で、ディフェンスを突破できるようになるということです。
今スピードに自信がない人もあきらめずに、オフェンス力を高める可能性はいろいろなところにあります。
実際にロナウジーニョ選手の動画なんかを参考にしてみるとよくわかるかもしれません。
サッカー初心者も上級者もできる技ですので、ぜひ今すぐにでも練習をはじめてください!

 

 

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP