ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログいつでもいいシュートを打つテクニックを紹介


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

いつでもいいシュートを打つテクニックを紹介

2019/9/18

みなさんこんにちは。
練習の調子はいかがでしょうか?
息抜き程度にもロンヨンのサイトを見ていただければ嬉しいです。

本日はいつでもいいシュートを打つコツを紹介ということで、シュートに関するちょっとしたポイントを書いていこうと思います。
特にサッカーをはじめたてのプレイヤーは自分の得意な場所やタイミングでしかうまくシュートが打てないという人も多いでしょう。
ただ実際の試合で自分の打ちやすい場面で打たせてくれることってほとんどありません。
サッカーはシュートを決めないと意味がないので、いつどんなときでも最高のシュートが打てるように練習しておきましょう。
今日紹介するコツを試すと一気にシュートの決定率が上がるはずです。

 自分が得意とするシュートは?

そもそもみなさん、自分が得意とするシュートの形ってわかっていますか?
それを理解していないのも問題なので、まずは自分の得意とするシュートの感じを知っておきましょう。
どうやってその形を知るかというと、PKの形で自由に蹴ってみてください。
角度や助走の感じも自由にやってみましょう。
PKのときに自然と打ちたくなるシュートが自分の得意なシュートです。
まずはこの形で自分の好きな助走角度や歩幅をチェックしておきます。
これがわかったら次に3タッチでシュートを打ってみましょう。
先ほどよりも打ちにくく、決定率が下がるのがわかると思います。
それは先ほどは自分の得意な形でシュートできていたのに対して、3タッチという制限がかかるとシュート位置や軸足の感じ、角度などがぶれてきて自分にとって最善の位置から打てないからなんです。
この違いはどうしても生まれてしまいますが、極力どんなシーンでもいいシュートが打てるように今からコツを伝授していきたいと思います。

ポイントを紹介

それでは実際にいつでもいいシュートが打てるポイントを紹介していきます。
まず一つ目は常に自分の得意な角度と距離に転がせるようにするということ。
先ほどPKを蹴ったときに自分の得意な角度と距離をある程度把握していると思います。
これがステップや蹴り方の制限がつくと、一気に変わってしまうのですが、常に自分の得意なところに転がせるようにしておくとこの課題は解決されますよね。
今までは自分の得意な位置がありながらも、把握していないという状態でした。
しっかりと得意を把握していれば、もう少し遠目に蹴ったほうがいいとか、角度は浅いほうがいいということがわかっているのであとはそこへ転がすだけです。
特にキック力がないという小学生は、転がし方がうまくできていないのでここを修正してあげるだけでシュート力は上がると思います。

続いでのポイントです。
次は転がすときはアウトサイドで転がすのがいいということ。
特に小学生なんかはボールを転がすときにインサイドで転がしたがります。
ただ実際に同じ場所へインサイドとアウトサイドで転がしてみたときに、インサイドだと少しぶれるのがわかると思います。
実際にやってみてください。
どうしてインサイドがダメなのかというと、インサイドを使って転がそうとすると少し体がゴールに対して横方向を向いてしまいます。

インサイドの画像

これに対してアウトサイドを使うと常にゴールの方を向いているので、体が最後までぶれないということなんです。
プロでもインサイドで転がす選手ってほとんどいないのはこれが理由です。

試合で使えるように

コツがわかったので、いつでもいいシュートが打てる状態にはなりました。
ただこれだとアウトサイドで転がしたところでディフェンスの足が出てきてしまい、実践で使えません。
ここからは試合で使うための方法を伝授します。
試合でこの方法を使うためには一度マシューズとフェイントを入れて、相手を寄せましょう。

マシューズの画像

マシューズは非常にシンプルなフェイントで、インサイドを使っていきたい方向と逆側に相手を揺さぶるだけ。
やり方としては非常にシンプルですが、このワンステップがあるだけでディフェンスは足を出すことができなくなり、自分としてはアウトサイドからシュートがしやすい位置に持っていくことができるようになるんです。
マシューズの練習をするときは、一本ラインを書いて右足を上げたまま左足がラインを超えるようにフェイントし、そのまま右足(アウトサイド)で蹴り出す方法がおすすめ。
ラインがあることで自分がしっかり体重移動できているということを確認できます。
小学校高学年ならこれはすぐできると思うのでやってみてください。

常に得意なシュートを打とう

今日はいつでもいいシュートを打つためのコツを紹介しました。
まずは自分の得意な位置や角度を把握してから、それに合わせていくというのがまとめです。
アウトサイドを使ったり、実践ではマシュージュを取り入れるなど細かいポイントも書いたので実践でできるよう練習をはじめてみてください。
小学生高学年レベルであれば今すぐにでも簡単にはじめられることです。
ちょっとしたことが試合でも役に立ちますのでぜひ試してみてください。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP