ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログこれであなたもアウトカーブが蹴れるようになる


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

これであなたもアウトカーブが蹴れるようになる

2019/2/1

こんにちは。
本日もロンヨンでは、サッカーに役立つ情報をみなさまにお伝えしていきます。
今日はサッカーのアウトカーブについて書いていきます。
サッカーは強い球を蹴ることも大事ですが、カーブをかけたりテクニック系の球を持っていると強いです。
無回転なんかもはやっていましたが、今日はカーブの中でもアウトカーブについて書いてみます。
アウトカーブは名前からもわかると思いますが、外に向かって曲がるような球です。
サッカーにおけるカーブって一度習得するまで蹴るのがなかなか難しいですよね。
意識するポイントやコツをつかんだらあとは練習あるのみ!
今日はそういったポイントを書きますので、しっかり覚えて練習で使ってみてください。

やり方と意識するポイント

それでは実際にアウトカーブのやり方を見ていきましょう。
まずはシュートフォームです。
シュートフォームはストレートボールを蹴るときと比較するとわかりやすいと思います。
途中までは似たようなフォームですが、違うのはインパクトの瞬間の当て方です。

アウトカーブ①

 

インパクトの当て方が変わり、次のフォールスルーも違います。
つまりここのやり方次第でアウトカーブが蹴れるようになるんです。
ストレートを蹴る場合、ボールと足の振りはまっすぐです。
しかしアウトカーブを蹴るときは、左側に振りぬくようにします。(右足で蹴る場合)

ボールの当て方

ボールの当て方を詳しくみていきましょう。
アウトカーブを蹴るためには、外頸骨というくるぶし近くの出っ張った部分でボールを当てます。
普段、アウトカーブの練習をしていない人は、あまり使わない部分だと思います。
はじめは違和感があったり、しっかり当たらないかもしれませんが、この部分で蹴るというイメージをしっかり持って練習していく必要があります。

振りぬき方

続いて振りぬき方です。
まず軸足はボールの真横に置きます。
インパクトは外頸骨にあて、速いストレートを意識して蹴っていきます。
このとき振りぬきは斜め左ですが、ボールはまっすぐ跳ぶように意識をもちます。
アウトカーブ②

ボールを左に向かってこするような動きになります。
この動きのおかげで外向きにカーブがかかります。
しかしはじめは回転を意識しすぎると逆に曲がらなくなるので、スピードで曲げることを意識します。
つまりストレートの振りぬきを少し左にするくらいのイメージでいいと思います。

歩数

歩数については厳密に決める必要はありません。
人によっても変わると思いますが、だいたい6.7歩くらいでやってみるといいでしょう。
練習のときはそれくらいで調節するとやりやすいと思います。
ストレートを蹴る感覚に基本的には似ているので、それくらいの助走か、もうあと一歩くらい広くとってもいいです。

練習していこう

ポイントがわかったところで、練習に取り掛かりましょう。
練習するときは、ゴールから直角の位置でポストが見えるくらいのところからやるとわかりやすいです。
しっかり自分の球が外側にカーブがかかっているか見極めることができます。
曲がる球がしっかりけれるようになったら、ゴールに向かって打っていきましょう。
アウトカーブもただ曲がる球なだけでは意味がありません。
曲げることでより良い効果を生み出せるように、練習でも取り入れていきます。
アウトにカーブがかかることで、キーパーがとりにくいボールになっているか、それを確認しながら練習していってくださいね!
ただカーブがかかるだけで、ゴールから外れていたり、ゆるい球で簡単に止められるようなボールになっていては意味がありません。
練習時のコツとしては、横に転がして回り込むように蹴ると蹴りやすくなります。
ボールをとめたまま練習するだけでなく、このようにボールを動かしながらやってみてください。
しかし慣れないままこれをやってしまうと、勢いに負けて体勢が崩れてしまう可能性が高いです。
そうなるとボールが右に流れてしまいますので、しっかり動作を習得してから、動きもいれていくよう心がけてみましょう。

アウトカーブをマスター

以上アウトカーブの蹴り方でした。
いかがでしたか?
アウトカーブの鋭い球が飛んで来たらきっとキーパーも歯が立たないと思います。
そのためにもしっかり今日学んだポイントを取り入れつつ、練習していきましょう♪
練習していくとどんどん課題がでてくると思います。
外にカーブがかかっているけどカーブが甘かったり、ボールの勢いがなかったり、シュートの決定率が下がってしまったり。
しかしそういう壁にぶち当たるのは成長のあかしです。
課題を見つけては修正する、という地道な練習を繰り返して、試合でもしっかり使えるアウトカーブを蹴れるまでもっていってください。
はじめは、なかなかうまくいかずくじけそうになるかもしれませんが、一度コツを覚えると意外とスムーズに行くと思います。
しんどいときや辛いときは友達を巻き込みながら、楽しくサッカーの練習をしていきましょうね♪

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP