ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ【初心者必見】強いキックの蹴り方


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

【初心者必見】強いキックの蹴り方

2019/2/16

こんにちは。本日もご覧いただきありがとうございます。
今日は初心者必見の記事です。
特に小学生など力もまだ強くない子供たちにはぜひ読んでいただきたいです。
このような子供のサッカーって、キック力一つでうまい下手が決まってしまう段階です。
まだ慣れておらず、力強いキックができる人が少ない中で、強いキックが蹴れるようになると、シュート率もぐんと上がりますし、試合でも活躍できること間違いなし!
今日は力強いキックができるようになるような練習方法やポイントを紹介していこうと思います。

強いインサイドキックを蹴るためのポイント

キックは一瞬の動作ですが、その中にたくさんの要素が詰まっています。
一気に強いキックを蹴ろうとするのではなく、一つ一つのポイントをクリアしていくように練習していきましょう。

踏み込み

踏み込みは浅すぎると届かず、深すぎるとボールの上を蹴ったりと安定しません。
強い①

膝をしっかり曲げ、踏み込みの位置を確認するようにしましょう。
後ろに足を高くあげることで、ボールに勢いがでます。
振り上げ不足がキックが弱い原因でもあり、助走がつけられないときは、この振り上げが大事になってきます。
ボールに力が伝わると、蹴った後も足がまっすぐ上がります。
振り上げと同時に、振った後の足にも注目してみてください。

インパクト

次にボールに足を当てるときですが、足首がしっかり固定され、足首がやや上向きになっているのが理想です。
ここで練習方法を見ていきます。

壁にボールを張り付けるようにおいて、それを蹴っていきます。
強い②

このとき足の真ん中でボールの真ん中をとらえられるように意識します。
こうすることでボールと足の当てる位置を体に覚えさせましょう。
また足がボールに当たるときにしっかり足首が固定されていることが大事です。
壁にボールをつけて練習することで、この感覚も身に着けることができます。

ポイントまとめ

これらの動作がスムーズにできるようになると、強いキックに近づきます。
まとめると、
・膝を曲げ踏み込み、体を支える。
・足を後ろにしっかり振り上げる
・蹴った後も足を振り上げる
・足首を固定しつま先はやや上向き
これらがポイントです。
何度も何度も練習しながら、感覚を身に着けていってください。
練習を積み重ねることで、必要な筋肉も発達してくるので、しっかり練習をすることが大事です。

崩れやすいポイント

特に崩れやすいポイントを一緒に修正していきましょう。
多くの人はこれらのポイントの中で、振った後の振りぬきが問題になってきます。
その原因としてはやっぱり必要な筋肉がついていないことがあげられます。
この問題を解決するために、壁などにつかまりながら、ボールを使わずに足を思いっきり振りぬく練習をしていきます。
強い③

ラインなどの上に立ち、まっすぐ振り上げられているかその都度確認します。
慣れてきたらボールも実際に蹴っていきます。
距離をどんどん伸ばしていくことで、しっかりと振りぬき方が身についていきます。
距離が長くなると、遠くへ飛ばそう、速く蹴らなきゃという意識が働き、いろんなポイントが抜け落ちてきてしまいます。
こういう長いキックになったときにでも、ポイントはしっかり押さえられるまで基本を積み上げてください。
しっかりと基本ができていれば距離が長くなっても強いキックが蹴れるようになっているはずです。

 インステップキックも練習しよう

強いインサイドキックが蹴れるようになってきたら、インステップキックも練習していきましょう。
ほとんどのポイントはインサイドキックと一緒です。
違うのはボールをすくい上げる感覚なので、ボールの当てる位置が変わってきます。
先ほどはボールの真ん中を当てるようなキックでしたが、すくい上げるように、ボールの下から蹴り上げます。
このときに足をグーにしながら蹴るとボールが浮きやすくなります。
初めのころはボールがなかなか浮かないと思うので、バウンドして上がってきたボールを蹴るように練習していきましょう。
そうすることで、ボールを上にあげるようなキックという感覚がわかってきます。
助走は正面からではなく角度をつけて。
助走の位置を変えるだけでキックの力や飛び方は変わってきます。

ポイントを押さえて強いキックを

今日は強いキックを蹴るためのポイントや練習方法をまとめてみました。
いかがでしたか?
小学生など筋肉もまだついておらず、ボールにも慣れていない人はなかなか強いキックが蹴れずに悩むかと思います。
今日紹介したポイントはどれも筋肉が必要なものではありません。
ボールの当てる位置や、助走、フォームなど実践しようと思えばできるものです。
こういうポイントを押さえるだけでどんどん強いキックが蹴れるようになります。
はじめは自分の癖や不慣れなことも多く感覚もわからないかもしれません。
そういうときこそ練習を繰り返すのみです。
今回紹介したような練習を試すもよし、とにかく地味な作業ですが、繰り返し繰り返しやっていくことが重要です。
強いキックが蹴れるように今日から練習を頑張っていきましょう。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP