ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログボランチやトップ下で前を向くイニエスタターン


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

ボランチやトップ下で前を向くイニエスタターン

2019/9/24

こんにちは♪
最近も暑い日が続きますね。
体調管理には気を付けつつ練習も頑張っていきましょう。

本日紹介するのはイニエスタターンです。
このイニエスタターンはボランチやトップ下で前を向くターンで、使いこなせれば試合で大活躍します。
ターン方法や練習のやり方を詳しく書いていきますので、ぜひ見ていってください。

イニエスタターンとは?

まずボランチが前を向くイニエスタターンとはどんなものなのでしょうか?
これは特にイニエスタだからといって身構える必要はありません。
シンプルにトップ下でボールを受けるときに、ゴールの方向を向くようにターンしながら受けるということを指します。
このシンプルな動きですが、実践になるとディフェンスがたくさんいてうまくポジションが取れなかったり、ターンがうまくいかないことがほとんどです。
今日はこのイニエスタターンの練習方法をメインに解説していきたいと思います。

後ろを確認する

ボランチをやっていてイニエスタターンをするのが怖いという声はよくあります。
それはなぜでしょうか?
理由は簡単で、後ろの状況がわかっていないから。
後ろがどんな状況なのかわからずにいきなりターンして前を向けと言われても怖いですし、スムーズにできないと思います。
だからこそよく首を振れ!という指示があるんです。
この首を振れというのは正しい指示でしっかりと後ろの状況がわかっていればうまくターンして持っていけるということなのですが、この首振りについて教えてくれる人はあまりいないのではないでしょうか。
ただ後ろを確認しろということは言われますが、実際にこの首の振り方を教わる人は少ない。
なんとなく自分の確認でやっている人が多いんです。
しかしこの後ろに確認はターンするうえで非常に重要なので、今日はしっかり練習していきましょう。
ズバリ首を振るタイミングはいつなのかというと、味方が蹴った瞬間です。
これは基本でこの瞬間の確認ができていれば最低限はオッケー。
一流の選手になってくると、もらう前に左右確認をして、味方が蹴ったときにもう一度確認するという人も多いです。
まずは味方が蹴った瞬間に後ろを確認する癖をつけましょう。
ディフェンスをつけずに、向かい合わせになって後ろを向くという練習をしてみてください。
相手が蹴る瞬間に後ろを向いて、ターンしながらボールを受ける。
これを練習しておくだけで、実践でのターンがスムーズにいきます。

 ターンを練習しよう

やっぱりターンについても練習していかなければなりません。
見ていると簡単な動作なのですぐにできそうだと思うかもしれませんが、日常生活でターンをする場面なんてありませんので、動きについてもしっかり身に着けておく必要があります。
ターンの動きを身に着けるために、360度ターンをやってみましょう。

ターンの画像①

シンプルにその場で1回転回ってみるという練習です。
ターンができる人はスムーズにできますが、やったことがない人はうまく回れないでしょう。
左右どちらにも回れるようにそれぞれ10回ずつくらい継続して練習していけば、身についてくると思います。
このターン練習をした後に先ほどのパス練習をしてみると、回転がスムーズになっているはずです。

実践でのターン

基本ができたところで実践でのターンについて解説していきます。
実践でボールを受けるときは基本的にインサイドで受けます。
わざわざボールを受けて、回転してと考えるのではなく、ボールを受ける瞬間に回ってしまうような感覚までいけるとかなりスムーズです。
ボールの受ける位置はインサイドの土踏まずから指の下のあたりです。
ここまでできたらかなり実践でも使えるターンになっています。
さらにここからレベルアップしたいという人は、インサイドアウトのターンもマスターしていきましょう。
インサイドアウトのターンは簡単に言うとエラシコの縦バージョン。
ターンの画像②

難しいことをしないでも、基本的なエラシコの形を変えるだけで一気に抜けるターンになります。
さらに今日は回転をスピーディーにする方法も教えちゃいましょう。
先ほどの360度ターンの練習に一工夫します。
それは3キロ程度の重りを持つこと。
重りを持った状態で360度連続で回転する練習をしてみてください。
負荷がかかる分きついですが、実践でターンしようと思うと軽やかにスピーディーに回ることができると思います。

うまくターンしてチャンスをつかむ

本日はボランチやトップ下のターンについて解説しました。
いかがでしたか?
これが使いこなせるとかなり活躍できる選手になること間違いなしです。
ターンは重要なのにここに力を注いで練習する人や指導する人は少なかったように思います。
今日伝えたような地味な練習でも積み重なるとかなりの力になるので、ぜひすぐにでも練習をはじめてください。
このターンをマスターすることで日本代表の大迫選手や久保選手、また世界のイニエスタにも近づけるかもしれませんよ。
トップ下で器用にボールが扱える選手は重宝されるので、ぜひ参考にしてください。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP