ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ一人でできる、サッカー上達練習方法


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

一人でできる、サッカー上達練習方法

2018/6/18

こんにちは!いかがおすごしですか? 練習の方ははかどっているでしょうか? 毎日の練習でモチベーション維持していくことは難しいですが、たまにロンヨンの記事を読んだりして、やる気をアップさせてくださいね。 みなさまの練習の手助けになるような情報をどんどん発信していきます。 今日は一人でできる練習方法について書いていこうと思います。 サッカーはチームスポーツ。 ディフェンスがいて、チームメイトがいて成り立つものですが、もちろん一人の時間も無駄にはできません。 一人だから何もできないというわけではないんです。 逆にいうとこの一人の時間、自主練習のおかげで、どんどん成長していく選手も多いと思います。 ということで、一人の練習で役立つ情報を書いていきますので、特に初心者の方はよく参考にしてください!

ボールタッチの練習

一人でできる練習といっても色々あります。 ボールタッチの練習はやっぱり基本で、短時間でもやっておきたいところ。 特に小学生など初心者は、ボールタッチの基本で大きく差が付きます。 基本ができているだけで、試合でも活躍できたり。 また一流の選手もアップがてら、ボールタッチの練習をする意味は大いにあります。 初心者はボールに触れる時間を長くすることで、ボールを転がす感覚をつかんでいくことを重視しましょう。 サッカーでは、足の裏で舐めるように触ったり、足の甲やインサイドなどいろんな場所を使ってボールを転がすようにしていくことで、足がボールを触る感覚を覚えて、うまくなっていくのです。 このようにボールタッチの練習は、初心者一人でもできますし、少しの時間でもできるので、練習方法としておすすめできます。

まずは基本のボールタッチから。
左右交互の足裏でリズムよくタッチしましょう。

ボールタッチ①

リズムを意識しながら、右左とやっていきましょう。

左右のインサイドで交互にタッチするのもいいですね。

ボールタッチ②

簡単そうにみえますが、リズム感をつかむまでは難しいですよ~
繰り返しやることで、効果も大きくなります。
ぜひ日々の練習に取り入れてみてください。

 リフティングの練習

リフティングも一人でできる練習の代表例ですよね。
サッカーでボールをうまく蹴るためには、ミートが大事になりますが、そのためにおすすめな練習方法がリフティングになります。
リフティングは一人で遊ぶもののようにとらえられることもありますが、実際には様々な技術がなければうまく回数をこなすことができません。
初心者は、きちんとボールをミートすることができないので、まっすぐにボールが上がらないことでしょう。
サッカーでは、パスやドリブル、シュートも正しくボールを足に当てることから始まりますので、リフティングをうまくこなすことで、正しいボールタッチを身に着けていく必要があります。

リフティングをいきなりやるのは難しいので、順を追ってやっていきましょう。
例えば初めてなら、利き足で2回上げてキャッチというのを繰り返します。
ポイントとしては、一度蹴り上げた足はその都度地面につけるということです。
これができるようになれば、逆足でもできるように練習していきます。
これでリフティングの基本がだいぶ整うと思います。

リフティング③

基本ができれば、1バウンドさせて5回キック&キャッチというのをやってみましょう。
ここではボールをしっかり真上に上げることを意識してください。
このようにリフティングは、一人でできる練習の中でも大きな意味があります。
どんどん練習してミートが上達すれば、活躍できる範囲も増えるはずです。

ドリブル練習

最後はドリブル練習です。
サッカーでは多くの技術が必要になってきますが、ドリブルもその一つです。
ドリブルであれば、1人でも練習して上手くなることができます。
ドリブル練習をする時は、細かいタッチで行うことが大事になってきます。
細かなタッチのドリブル練習を繰り返すことで、上手く方向転換をしたり、相手をかわしたりすることができるようになるんです。
ドリブルが上達すれば、周りを見る力も付きますし、パスやシュートにも生かすことができます。
基本中の基本であり、サッカーの中で最も大事な要素の一つ。
初心者から上級者まで絶対に取り入れたい練習ですね。

おすすめの練習方法は、コーンなどの目印を置いて、それを交わしながら進んでいく練習です。

ドリブル④

インサイドとアウトサイドを使うパターン。姿勢を気にする、細かいタッチを意識する、など徐々にレベルを上げてやっていきます。いきなり難しいいことはせず、順番にやっていくことが大事です!

一人の練習時間を有意義に!

以上一人でできる初心者向けの練習方法を紹介しました。
特に初心者だと、一人でやる練習も大事になってきます。
今回紹介したように、ボールタッチからドリブル、リフティングなどいろいろなことができることがわかりましたね。
同じボールタッチでも、やり方次第でいろいろなパターンを作ることができます。
また初心者だけでなく上級者もやる意味があるものばかりです。
一人の時間が有意義になれば、全体の練習もきっとうまくいくはず。
これをいい機会に、一人の練習時間を見直してみてください!

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP