ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログなかなか難しい、アウトサイドキックを徹底解説


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

なかなか難しい、アウトサイドキックを徹底解説

2018/4/20

みなさんこんにちは!
練習の調子はいかがですか?
調子がいい人も悪い人も、ロンヨンの記事を参考にしながら、頑張ってくれればうれしいです!

今日解説していくのは、なかなか難しいとの声も多いアウトサイドのキックです。
サッカーの初心者だと力強くアウトサイドでキックできる人はなかなかいないと思います。
ただアウトサイドキックを蹴っても意味がありませんので、今日はタイミングを外した、相手に読まれないようなアウトサイドキックという観点から解説していきます。
アウトサイドキックが武器になっていればきっと活躍できる幅も広がると思います。
できない人は今のうちに練習をはじめましょう。
アウトサイドキックができるという人も、もう一度自分のキックを見直したり、精度を高めるきっかけになればいいなと思います!
それではさっそくやり方を詳しく書いていきます。

踏み込み

まずは踏み込みからです。
上手にアウトサイドキックを蹴るためには踏み込みはとっても大事です。
まず軸足の踏み込みはボールの少し斜め後ろくらいに踏み込みます。
ボールとの距離は近すぎず遠すぎずを意識してください。
近すぎると軸足を蹴ってしまう恐れがあります。

ロンヨン1

画像の位置を参考にしてくださいね!
逆に遠くなってしまうと力が伝わりにくくなります。
力強いボールが蹴れない!という人は、軸足の位置に問題があるかもしれません。
目安としてはボールから15~25センチくらいがベストだと思います。

助走

次は助走です。
助走は、力強いボールをけるためにも重要ですよね!
ここでは助走の角度を特に重視して解説します。
助走の位置は蹴り足側から入るようにしてください。
右利きなら右から、左利きなら左からです。
通常のキックだと、対角から助走すると思いますが、アウトサイドキックだと違ってきます!
人によっては真後ろから助走するのがやりやすい人もいるかもしれません。
自分にあったやり方を見つけてみてください。

インパクトとフォールスロー

次にインパクトです。
インパクトの際ボールを当てる足の位置としては、蹴り足の中指から小指のあたりで蹴ります。
ボールの位置は、ボールを四分割したときの左下です。

ロンヨン2

左利きの人は逆に右下になります。
蹴り方としては、インパクトの瞬間からアウトに回転をかけるイメージ。
ボールの下に差し込むように足を入れて、左下から時計回りに回転をかけるようにこすりあげます。
そして、テイクバックで曲げた膝をインパクト直後に、ぴんと伸ばすイメージで振り切ります。
振り切る方向は、軸足のつま先が向いている方向です。
この時に軸足の向きは、ボールを飛ばしたい方向にまっすぐ向けるのではなく、ボールを飛ばしたい方向から、外側にずらして置きます。
そうすることで、蹴り足のスペースを確保し、さらに蹴り足が、軸足のつま先の向きに抜けるような形になります。

ロンヨン3

このようにしっかり最後の振り切りまで、意識してやりましょう!
インパクトのとき、つま先は体の向きとほぼ90度横に向きます。
これらを意識してやっていきましょう!

アウトサイドキックは、ひざ下の振りとフォールスローの振り上げで、飛距離とパワーが決まってきます。
アウトサイドキックは飛距離が出にくいキックではありますが、これらを意識して、慣れてくると30メートルくらい飛ばせるようになりますよ!

練習アドバイス

アウトキックのやり方は上に書いた通りです。
見直す部分があると思いますので、細かく、徹底的にやっていきましょう!
また、もっと上達するために練習方法のアドバイスもしていきます。

最初はボールインパクトの感覚をつかむために、柔らかいボールやバレーボールを使って練習すると感覚をつかみやすいと思います。
初めてやる人や、全然上達しない、慣れないという人はここから初めていきましょう。

イメージとしては、ボールの中に、小さいテニスボールが入っているようなイメージで、テニスボールをアウトサイドで蹴るような感じでやると、うまくいくと思います。
なかなか感覚がつかめない人は、こういう考え方も試してみてください。

アウトサイドキックをマスターしよう!

以上アウトサイドキックのやり方や練習方法を紹介しました。
アウトサイドキックを使うことのメリットは、ボールを蹴る直前の振りかぶりの動作が小さいということです。
振りかぶりの動作が小さいということは、相手ディフェンスにとってキックの動作が読みにくいということになります。
アウトサイドキックを使うことで、意表をついたタイミングでスルーパスを出したり、シュートを打ったり、ロングパスを出すことができます。
特に中盤の選手は、こういうプレーが必要だと思いますので、マスターしておく必要があるのではないでしょうか。
世界的に有名なモドリッチ選手も、アウトサイドキックのスルーパスを武器にしていました!

とにかく今マスターしておいて、損はないアウトサイドキック。
ぜひこれを機に練習してみましょう。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP