ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ今すぐ使える抜けるドリブルテクニックを大公開


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

今すぐ使える抜けるドリブルテクニックを大公開

2019/2/7

こんにちは♪ 今日もロンヨンではみなさまに役立つような情報を提供していきたいと思います。
本日はドリブルについて色々お話したいと思います。
ドリブルがうまい人ってかっこいいし憧れますよね。
ドリブルがうまいだけで攻撃の起点になれますし、チームとしても絶対に役立つ存在。
今日は今すぐにでも使えるようなドリブルテクニックを紹介していくので、ぜひ参考にしてくださいね!

これだったら抜けるというドリブル

みなさんは自信をもって使えるドリブルがありますか?
1つでも「これだったら抜ける」というドリブルがあると、自信になりますよね。
今からそんなドリブルについてお教えします。

抜ける軌道は8パターン

ドリブルの抜ける軌道って細かく言うと、8パターンに分かれます。
これはボールが抜ける軌道と、人間が抜ける軌道の2つの側面から考えていきます。
まずボールが抜ける軌道は、相手の①右側②左側③股下④頭上の4つです。
これに人の抜け方は①左から②右からの2パターンがあるので、4×2で抜き方には8パターンあるんです。

外からボールを出して自分も縦に走る

今日はいろいろな抜き方がある中で、外側からボールを出して、自分も縦に走るパターンをまずは極めたいと思います。
前を向いて走るのが一番速く目的地までたどり着きます。
到着は速いほどいいですよね。 この原理を用いて、自分が縦に走りつつボールを持ってくるという感じでドリブルをします。 ドリブル①

ボールを前に蹴っていくというよりは、画像のように足をボールの下に入れ込んですいすい運んでいきます。
ボールをドリブルする直前に軽くジャンプをして、下から上にあがるときにボールを浮き上げるイメージです。
当て方のポイントは、まっすぐでもなく横でもない、ちょっと斜めの角度からです。
親指のささくれができる位置にボールが当たるイメージをもってください。
これらを意識するとしっかりまっすぐ、ボールが進んでくれます。 スムーズなドリブル突破が可能になるんです。
このドリブルができていて、ディフェンスとの距離と角度がしっかり決まればだれでも抜けるドリブルが完成します。
ディフェンスが足を延ばしてもギリギリ届かない距離を保ちつつ、適切な角度を探していきます。
この感覚を身に着けるには時間がかかるかもしれませんが、相手との距離と角度をしっかり見極めるように意識してください。
これができるようになればあなたは絶対に抜けます!

カットイン

続いてはカットインについてです。
カットインは中にドリブルしていくもの。
カットインのポイントは、ディフェンスに後ろ重心になるような圧力をかけることです。
この一番簡単なやり方はケンケンをすることです。
カットイン②

カットインを仕掛ける前に、ケンケンと二回踏んでみてください。
ディフェンスは自然と重心が後ろに下がってしまいます。
簡単にできて、効果は抜群です。
ドリブルのやり方も詳しく見ていきます。
先ほど縦にやるときのドリブルもみましたが、今からはそれの中バージョンです。
基本的にやり方は一緒ですが、ボールの近くに足を置いてあげてから、押し出すイメージ。
これは外バージョンで練習ができていたらスムーズにできると思います。

抜けるドリブルまとめ

今までの内容をまとめてみましょう。
縦のドリブルのときは、走りに近づけてドリブルをしましょう。
仲のドリブルのときは、縦の意識を持ちつつ、ケンケンをして重心を動かしましょう。
一言でまとめるとこれにつきます。
とってもシンプルですね!
縦のドリブルも、カットインも大事なのはディフェンスとの距離と角度。
この条件さえ整えば絶対にだれでも抜けるドリブルの完成です。
みなさんの認識との違いはありましたか?
まずはじめは、縦突破のドリブルの足の運び方をマスターしちゃいましょう。
ボールを蹴りだすようなドリブルをしている人はだめです。
走る動作にボールが加わっただけのようなスムーズな動きが理想です。
蹴るのではなく足が上がるときにボールが押し出されるような感覚。
これを体に覚えさせてみてください!

抜けるドリブルを持とう

今日は誰でも抜けるドリブルをまとめてみました。
ドリブルで抜くということは最初に行ったようにパターンがいくつかありますが、縦突破とカットインは定番なので誰しもがマスターしておきたい技ですね。
距離と角度については、相手の足の速さや体格も大きく関わってくるので、難しいですが、ドリブルにおけるボールの運び方は練習するとどんどん上達すると思います。
スムーズなドリブルができると抜ける力もついてきます。
今日行ったことがしっかり身につくように練習を重ね、ドリブル突破力をつけましょう。
ロンヨンではこういったテクニックを今後もどんどん紹介していきます。
ドリブルだけでなくシュートやパスなんかも紹介していけたらと思いますので、ぜひのぞきに来てください!
初心者向けから上級者向けまで内容も盛沢山ですので、練習の合間にでも見ていただけたら嬉しいです。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP