ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ【初心者向け】試合でつけるフェイント集


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

【初心者向け】試合でつけるフェイント集

2019/4/11

こんにちは!
本日はサッカー初心者向けの記事をお届けします。
サッカーをやっていくうえで、フェイントはいくつか習得しておきたいですよね。
今日は基本中の基本のフェイントを紹介しますので、初心者の方はここから習得していきましょう。
簡単なフェイントばかりですが、こういった基礎ができていると応用的なフェイントにも生かすことができます。
それでは実際に解説していきます。

ダブルタッチ

まずはダブルタッチです。
ダブルタッチは本当に一番基本的なフェイントなので、名前だけでも知っている人が多いと思います。
ダブルタッチは名前の通りツータッチで相手をかわすフェイントです。
まずワンタッチ目で横に蹴り、ツータッチ目で前に蹴りだします。
ワンタッチ目のポイントはやや強くすること。
ツータッチ目は蹴りだすというよりは、トラップするような感覚でやるとうまくいきます。

フェイント①
ワンタッチ目と同時に横にスライドするようになめらかに体重移動をすることが重要です。
相手との距離が近いときがこのフェイントの仕掛け時。
相手が突っ込んできたり、足を出してきたときにうまく仕掛けられるようにタイミングを見計らいましょう。

上体フェイント

続いて上体フェイントです。
上体フェイントは上体の動きで相手をだますフェイント。
一度大きく踏み込み、踏み込んだほうに行くと見せかけて一気に逆に突破します。
踏み込みときにしっかり大きく踏み込むことがコツです。
このフェイントは振りが少ないので、スピードに乗っていても使いやすいです。
簡単なのに抜きやすいのがこのフェイントのメリット。

シザース

続いてはシザースです。
こちらも定番のフェイントなので知っている方も多いと思います。
シザースは一度ボールをまたいで相手をだますのが特徴。
ボールをまたぐときボールの前を足が通るようにして瞬時に反対側に抜け出します。
このときの瞬発力が大事で、一気に抜き去れるようにしましょう。
上体フェイントにも少し似ていますが、またぐときに足がボールにひっかりやすいので少し難しくなります。
体が慣れるまで反復練習をする必要がありますね。

またぐフェイント

続いてはまたぐフェイントです。
やり方はまず足裏でボールをタッチして転がします。
そのまま転がした足でボールをまたぎます。
このとき目線で逆側にいくと見せかけて相手をだましましょう。

フェイント②

反対側の足で一気に縦に突破したら完成です。
やっぱりこのときのスピードが重要になってきます。
だらだらといくのではなく、しっかり加速できるようにしましょう。
緩急をつけるためにもはじめは遅いドリブルをしておいて、一気にスピードアップ。
相手との距離が近いほうがやりやすいので、仕掛け時も色々と試してみながらやっていきましょう。

エラシコ(インアウト)

続いてエラシコです。別名インアウトとも言います。
こちらも定番のフェイントですね。
エラシコのやり方はまずインサイドで内側に入ります。
このときはちょっと触るくらいでいいです。タッチが強すぎると足が追い付かないので力加減は練習していきましょう。
続いてアウトサイドで外に抜けましょう。
エラシコは体重移動がすべてです。最初からアウトで抜けるイメージでインを触りましょう。
慣れるまでは練習が必要ですが、一度できるようになると一気に使えるフェイントになります。
エラシコが使えるシーンは、サイドから中に切り込むときです。
こういうシーンはたくさんあるので、ぜひエラシコも練習してください。

ダブルタッチ応用編

先ほど紹介したダブルタッチの応用編も紹介してみます。
ダブルタッチができるようになったら応用編も練習してみましょう。
応用編はインサイドでボールをちょんちょん蹴ってタイミングを伺い、相手をおびき寄せます。
このとき重心は軸足の方にかけておいてください。
相手が我慢できずに足を出して来たら、瞬時にダブルタッチで抜きます。
この仕掛けるタイミングが重要で、相手が前のめりに出てくるまで待ちます。
サイドハーフやライン際で使うことができます。

キックフェイント

最後に紹介するのはキックフェイントです。
名前の通り大きくキックすると見せかけて相手をだますフェイントです。

フェイント③
大げさに蹴るふりをしてインサイドで相手をかわしていきます。
うまくいくと相手はシュートコースを切ろうとして動くので、反対に抜くことができます。
抜くときは腰をグイっとひねって腰で自分のからだを持っていきます。

基本のフェイントを身に着けよう

以上初心者向けのフェイントを紹介しました。
誰もが名前を聞いたことがあるようなフェイントばかりです。
基本のフェイントは簡単で取っかかりやすく、実践でも使いやすいのでぜひ練習してみてください。
それぞれに使えるシーンや使い方も違うので、体で動きを覚えたら使い分けができるようにしていくと完璧です。
はじめから難しくてかっこいいフェイントをしようとするのではなく、基本的なものを完璧にできるようにしていきましょう。

「出典:ブログ内の引用画像は(Youtube.com)などより引用」

  • 一覧

PAGE TOP