ロンヨンジャパン HOMEロンヨンオフィシャルブログ近距離でも自由自在。FKでカーブを蹴る方法


ユニフォーム
  • 昇華プリントハイエンド
  • 昇華プリントユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム
  • ゲームパンツ(クラシック)
  • ソックス(ストッキング)
インナー
  • インナー
キーパー
  • キーパー
トレーニング
  • ピステ
  • ジャージ
  • ウィンドブレーカー
  • Tシャツ
  • ポロシャツ
  • スウェット
オプション
  • オプション

フットサルテクニック集

  • 一覧

近距離でも自由自在。FKでカーブを蹴る方法

2017/5/8

みなさんこんにちは。

サッカーの練習の方ははかどっていますか?

最近は暑くもなく寒くもない丁度いい気候なので

練習もやりやすいと思います。

これからだんだん夏になって体力も消耗しやすくなるので

今しっかりと動いて体力をつけておきましょう。

 

本日紹介するのはフリーキックの蹴り方です。

フリーキックといってもポジションによってさまざまな選択肢があります。

直接シュートを狙えるところならシュートを狙いますし

わざとパスをしてまた攻撃を仕掛けたり

パスしかできない場所だったりと。本当に色々なシーンに出くわすと思います。

フリーキックはそのときどきで状況が違うので

できるだけ多くのことを想定して練習したいですよね。

 

ということで本日はカーブのシュートの打ち方を伝授したいのですが

特に近距離でもカーブがしっかりとかかるような練習方法を

教えていきたいと思います。

 

直接ゴールを狙うとき、カーブが上手にコントロールできるようになると

決定率もぐんとあがります。

しかし場所が近くなるとやっぱりカーブ球が蹴りにくいという声が

多く見受けられました。

確かにカーブ球を近距離で蹴ることは難しいんです。

しかし練習すればできるようになりますし、近距離でもカーブが蹴れることで

フリーキックのチャンスも増えます。

これを機会にぜひ習得してくださいね。

それでは実際に解説に入りたいと思います。

近距離といったらだいたいゴールから18~23メートル当たりを想定しています。

 

フリーキックの画像

 

まずはスタートです。

スタート位置は画像のようにボールの斜め後ろの角度で

3~4歩離れた位置から始めるといいです。

助走がうまくいくとキックもうまく蹴れます。

しっかりと助走のポジションも見直してみてください。

角度的には斜め45度~60度くらいがいいでしょう。

 

このポジションがとれたら助走です。

助走は全速力で行うのではなく、3~4割の力で

ゆったり行います。

 

フリーキックの画像

 

軸足の位置は画像のようにほぼボールの真横です。

軸足の位置が後ろすぎたり、変な位置にきていると

上手にカーブが蹴れないのでしっかりと見直してみてくださいね。

 

助走、軸足が分かれば次は実際にボールを蹴る段階です。

 

ボールを蹴るときに重要になってくるのがボールの蹴る位置。

 

フリーキックの画像

 

ボールの蹴る位置はボールの下の横を蹴ります。

横といっても利き足によって位置が違います。

右利きの人はボールの右下を、左利きの人は左下を蹴ります。

 

近距離カーブボールを蹴る上でボールの蹴る位置は非常に大事です。

はじめはボールのどの辺に足を当てるのか

この部分だけピックアップして練習してみてください。

はじめから動きながらシュートしてみても

なかなかうまくいかないことが多いです。

しっかりとボールのあてる位置を確認してイメージを持ってくださいね。

 

それでは足はどの位置に当てればいいのでしょうか。

 

フリーキックの画像

 

上の画像を参考にしてください。

足の当てる位置はインサイドとインフロントの間です。

足の前の方を使うイメージですが、つま先ではありません。

 

そして、パワーを優先するか、カーブを優先するかでさらに細かく

蹴る位置が変わってきます。

 

力強いボールを蹴りたいときはインサイドとインフロントの間の

後ろの方を使います。

逆にカーブを優先したいときは先ほどよりも

つま先よりの位置にボールを当てるようにします。

先ほどボールの当てる位置を伝授しましたが

この足の位置と同時にイメージトレーニングしてみてください。

それではここまでの知識をもって実際にボールを蹴ってみましょう。

 

しかしこれだけでうまく蹴れる人は少ないと思います。

 

これはシュートなのでインパクトや足の振り上げ方も

重要になってくるからです。

助走の仕方や当てる位置を学んだだけではうまくいきません。

 

まず蹴り方ですが、先ほどお伝えしたボール、足の位置で

ボールをこすりあげるように蹴ります。

 

このとき体は斜め後ろで、重心は軸足に置きます。

 

上手にボールが浮かない、回転がかからない…

色々とできないところが出てくると思います。

しっかりとボールをこすりあげるイメージを持ってください。

ボールに対して斜めに回転をかけるイメージです。

 

そして足の振り切りですが

近い距離だとあまり振り切りすぎないのがポイントです。

今回は近い距離のシュートなので、振り上げすぎると

うまくいきません。

 

遠い距離でカーブシュートは打てるけど

近くなるとうまくいかないという人は振り上げ方を

少しコンパクトにする意識があるといいかもしれませんね。

以上が近距離でカーブシュートを成功させるためのコツです。

いかがでしたか?

 

カーブのシュートはなかなか難しいので習得するまで時間がかかるかもしれませんが

慣れるとコツを掴んで一気に上達しますので

ぜひコツコツと練習を重ねてくださいね。

ロンヨンジャパンは全国のサッカープレイヤーを応援するサイトです。

具体的には、サッカーをプレイしていくうえでの必需品である

ユニフォームや練習着を手掛けています。

みなさまそれぞれが欲しいユニフォームをデザインから細かく

サポートしながら作り上げるノウハウがロンヨンにはあります。

ロンヨンのこだわりページには

そういったことが細かく書かれてあるので、ぜひ参考にしてみてください。

 

ロンヨンでは以下のような商品を扱っています!ぜひご覧ください。

・通気性や速乾性に優れ素材も選べる【昇華プリントユニフォーム】

・ユニフォームだけでなく練習着としても人気!【縫い合わせユニフォーム】

・戦う足元に個性を出しながら激しい動きをサポート【ストッキング(ソックス)】

 

ロンヨンの公式ホームページにはさらに幅広い

ロンヨンの情報が載っています。

こちらも合わせてご覧ください。

  • 一覧

PAGE TOP