フットサルユニフォームオーダーLONGYONG MAGAZINEAKIRA'S NET CAFFE イタリア奮闘記 vol.21 「キャンプイン」


AKIRA'S NET CAFFE


吉田 輝 (Akira Yoshida)
イタリアセリエC「ラツィオ・カルチェット」所属
17歳の時に単身でイタリアに留学。 2年間セミプロのサッカー選手として経験を積んだ後、スカウトマンの目に留まり、セリエAフットサルチームに移籍。 持ち前の個人技と考えるフットサルでチームの中心として活躍、2008-2009年シーズンは、セリエBでチームをリーグ優勝に導き個人成績ではチーム最多、リーグ2位の26試合33得点。2011‐2012シーズンはイタリアフットサルリーグの頂点に位置するセリエA「アウグスタ」に移籍。 現在はチームの大黒柱として活躍中。2009年の日本代表に初選出、U-24代表とフル代表を兼任し、フットサル日本代表においてイタリアからの唯一逆輸入選手として活躍中。
・Official Website
http://www.yoshidaakira.net/
・Official Blog
http://ameblo.jp/akira-calciofantastico/

2012
08.27
イタリア奮闘記 vol.21 「キャンプイン」

8月の中旬になると、イタリアのフットサルチームが始動し始める。 選手は6月~8月までバカンスを過ごしているため、バカンス焼けをして皆真っ黒になって帰ってくる。


イタリア人だけでなく、
海外の選手は空いている時間の過ごし方をよく知っている。
 
プロのスポーツ選手は、思った以上に練習時間も長くなく拘束時間も短い。
 
家族で過ごしたり、友人と旅行に行ったり、

夜は遅くまでみんなで外食をしたり...
 
彼らの生活を見ていると、「OFF」の大切さを勉強させられる...。
 
 
 

さて話しは変わり、今回は僕のチーム「ラツィオカルチェット」のキャンプの様子を少し紹介しようと思う。


corsa.jpg
キャンプが始まって1週間は殆どボールを使わず、

毎回走って走って走りぬく...(笑)

 
fisico.jpg
合間には、体幹や体の軸を鍛えるトレーニングが入る...。
 
 キャンプが始まって2週目になってやっとボールを使うようになったが、
 
走り込んでからのボールトレーニングほどきついものはない。

 
これから9月の初旬まではこのような毎日が続くかと思うと、「OFF」を大事にしたくなるものだ。
 
 Akira Yoshida




コメントする

試合の感想や選手へのエール、試合の申し込みなど気軽に書き込んでみよう!
(※第3者が見て不快と感じるような書き込みについては削除する場合があります。)


PAGE TOP


カラーシミュレーターでイージーオーダー
  • 昇華クラシックユニフォーム
  • 縫い合わせユニフォーム

ログイン
メールアドレス:  パスワード: