オスカル草葉のロンヨン・ハーツ


草葉 達也(オスカル草葉)
作家・エッセイスト 日本演劇学会会員 宝塚歌劇研究の第一人者として知られる。41歳からサッカー、44歳からフットサルを始め、47歳にして、関西フットサルトップリーグ「MESSE OSAKA DREAM」に選手として入団。背番号4。ポジションはピヴォ・アラ。関西女子芸能人チーム「WEST WIND 」の監督、フットサル・チャリティー活動「ONE GOAL! ONE HEART!」主催者などの肩書きを持つ。2009年ロンヨンジャパンとオフィシャルサプライヤー契約を結ぶ。日本サッカー協会D級ライセンス所有。日本のサッカー発祥の外国人倶楽部「神戸レガッタアスレチッククラブ」の元理事。ブログ 草葉達也(オスカル草葉)オフシャルウェブサイト/

2012
08.30
「ロンヨンダービー」

関西フットサルリーグの会場に行くと、ロンヨンの横断幕が公式スポンサーとして張られています。私が所属するMESSE OSAKA DREAM や MIKIHOUSE FUTSAL CLUB、VAXA高槻・神戸大学フットサル部がロンヨンジャパンのユニフォームを着ていますが、関西リーグ12チーム中4チームがロンヨンというのも凄いですね。

いつも、このチームが戦うときは「ロンヨンダービー」と身内の間では名付けていますが、日本フットサルの頂点であるFリーグでも「ロンヨンダービー」が行われました。

それが8月11日に大阪市立中央体育館で行われた「デウソン神戸 VS 湘南ベルマーレ」の一戦。

今年からユニフォームのパンツにロンヨンジャパンの名前が入ったデウソン神戸と、昨年から練習や試合中に着るビブスにロンヨンの名前が入った湘南ベルマーレの、まさにロンヨンダービーでした。Fリーグと関わりのなかった時代から知る私には夢のゲームでした。

これは試合を「ロンヨンデー」にしていただき、ブースを作って実際の商品を見てもらい、チラシ・カタログを配って、抽選でTシャツをプレゼントする。ハーフタイムには少しだけ時間をもらって、司会のDJジャンボさんとオスカル草葉がロンヨンの紹介を入れた軽いトーク。なんていうことがあるかなぁ? と密かに楽しみにしていましたが、肝心の我らが河野さんは、暑い暑いお江戸の町を一人営業で回っていたらしいです・・・

来年こそは「ロンヨンダービーDAY」やりましょう! やらない時は、一人でもロンヨン関係無しにやるぞ(笑)










コメントする

試合の感想や選手へのエール、試合の申し込みなど気軽に書き込んでみよう!
(※第3者が見て不快と感じるような書き込みについては削除する場合があります。)


PAGE TOP