リレートーク

高西フットサル 安田篤史選手

2007
08.17
『関東と関西の違いについて』

安田選手は高校卒業後カンカンボーイズに入団しフットサルを初めました。そして、去年からは現在関東リーグ2部の高西フットサルに在籍しています。現在23歳です。また、チーム名の高西は高階(たかしな)西中の出身メンバーで結成されたところから来ています。そして、名古屋オーシャンズに移籍した上澤選手は創設メンバーの一人なのです。


選手個人のスキルは、「関西の方が上かな」と思います。でも、チームとしてのフットサルになると関東のレベルは高く、戦術もたくさん研究されていると感じます。


作戦的には、関西のフットサルは、「引いているディフェンスをどう崩すか」と言うパターンが多いですが、関東では前からプレスをかけるチームが多いので、「敵が前から来るのを前提にボールをまわしながら上がっていく」という感じです。


試合会場はまったく違います。関東では各チームに控え室が与えられ、着替えなどの準備はここで行います。もし関西みたいに客席で着替えているのが見つかったら、ペナルティーなんですよ。(笑)
関東は観客も多いし、空調の設備のある会場もいくつかあります。


関東では、メディアやマスコミの注目も高く、フットサルを知っている人も多い。また、フットサル施設も多い。関東リーグのチームの中には19時から練習をしているところもあります。このように競技志向の強いチームでは、ちゃんとした仕事には就けません。



高西フットサル 

安田篤史選手
profile

コメントする

試合の感想や選手へのエール、試合の申し込みなど気軽に書き込んでみよう!
(※第3者が見て不快と感じるような書き込みについては削除する場合があります。)


PAGE TOP