スペシャルインタビュー

奥山光洋
Okuyama Mitsuhiro

2007.10.29
オモシロイフットサルでみんなを沸かせる奥山蹴球雑技団の奥山代表です。

奥山蹴球雑技団のフットサルは見ててとても面白い、普通に蹴れるボールでも足の裏を使って蹴ったり、ユニークなフェイントもあり、時にはボールを空中でパス回しといった具合です。奥山さんはこのチームを9年間引っ張り続けています。奥山蹴球雑技団へ入団するにはリフティングを落とさずに連続2,000回しないとダメだそうです。そうやって苦労して入っても、今までに100人以上の退団者が出ている厳しいチームなのです。なお、現在のメンバーは8人です。

チームプレーは嫌なので、感性やセンスだけでやる個人プレーのフットサルです。このプレースタイルは「手の不自由な人が全神経を足に集め、文字を書いているのを見て、自分も同じように、足元に感情を集中させ、ボールを蹴る。」このことが自然とプレースタイルになっているのだと、コメントいただきました。

奥山代表の経歴ですが21歳の時に日本人初のプロサッカー選手としてブラジルのチームと契約をしました。当時、ブラジルのフットサルはマリのようなボールでやるサロンフッチボールだったそうです。その後日本に戻りしばらくサッカーの選手をやったあと、フットサルチームを作ったそうです。

チームはだいたい2週間に1回くらい遠征します。どこにでも行きます!関西で印象に残っているのはマグの選手がたくさんいた頃の大阪選抜や高槻松原FCなんかと戦ったことで、特に松原の「アフロ辻崎」のプレーは絶賛していました。

これからもいろんなところに、出没しますのでみなさんも是非機会があれば見てみてください!

奥山光洋
Mitsuhiro Okuyama
1970年12月2日生

奥山光洋

コメントする

試合の感想や選手へのエール、試合の申し込みなど気軽に書き込んでみよう!
(※第3者が見て不快と感じるような書き込みについては削除する場合があります。)


PAGE TOP