サッカーにはユニフォームが必要不可欠|フットサル・サッカーユニフォームオーダーならロンヨンジャパン

フットサルユニフォームオーダー > コラム > サッカーにはユニフォームが必要不可欠

サッカーにはユニフォームが必要不可欠


ユニフォームの歴史



サッカーのユニフォームの歴史は、サッカーの歴史と一致します。ユニフォームなくしてはできませんし、サッカーがなければユニフォームは存在しません。そこでユニフォームの歴史を知るにはサッカーの歴史を知る必要があります。サッカーは、2000年前から中国でそれらしきものが始まっていました。当時のサッカーというものは、もともと街中でのボール遊びから始まったと言われています。現在のものとはだいぶ形が違っていたのです。

現在のような形になったのは、イングランドで8世紀ごろに上流階級の子どもたちが学んでいたパブリックスクールが始まりです。ルールはその後1863年に代表者たちが集まって話し合いで共通のルールを決めたのが始まりとなっています。現在のサッカー競技に近いといっても、当時は手を使っても良かったので、ラグビーに近い形でした。

では、日本で始まったのはいつでしょうか。日本でサッカーが始まったのは、1873年に、ALダグラス少佐と海軍兵が来日してから、日本の海軍軍人に教えたのが始まりです。その後、高等師範学校にフットボール部が設立されてから、現在のサッカーへと進化してきました。

このようにイングランドで始めて競技が始まってから、日本にも割と早い段階でイングランドから伝来してきたことがわかります。世界と日本のサッカーの歴史はあまり変わらない時期に始まっているのです。

現在のようなプロリーグが発祥したのもイングランドであり、1888年にサッカーリーグが誕生しました。1891年にはペナルティーキックが採用されて、現在のPKとなっています。1904年には現在のFIFAの元となる連盟が発足しています。その後日本でも盛んに行われるようになり、1916年には初の国際大会に出場しました。



ユニフォームの種類



サッカーの場合はチームごとに二種類は必ず持っています。一つはホーム用のものとして、もう一つはビジター用として、色が全く異なるものを持っています。ホームで白を基調としたものを持っている場合は、もう一つは赤や青など色つきのものになります。このように、基本的には、ホームとビジターという形で二種類のユニフォームを持っていますが、色違いのものを二つ持っているのは、相手チームの色とかぶらないようにするためです。戦う時に味方を間違えないようにするために、相手のユニフォームの色と自分たちの色を異なる色にしてから、味方と敵を区別できるようにしているのです。

試合用には上下が必要で、パンツとシャツで色を統一している場合もあれば、違う色を身に付ける場合もあります。これも戦う相手と区別ができるようにするためであり、組み合わせを考えてから、試合ごとに変えるようになっています。

ユニフォームのシャツに関しては1色ではなく基本となる色にデザインを組み合わせたおしゃれなものも販売されており、チーム毎に統一したシャツを着ます。目立つように原色に近い派手な色を着るケースが多く、これは試合の時にわかりやすく見せるためです。サッカーのユニフォームは思っている以上に安く、スポーツの中でもあまりお金がかからないものとなっています。あとはボールが1個あれば誰でもできるようになっているのです。気軽にできて、お金がかからないことが、全世界でサッカーが愛されている理由でもあります。



試合用ユニフォームはオーダーメイド?



サッカーの練習をするときには各自でシャツを着てから練習をしますが、試合用となると、チーム全体で同じものを着なければといけないのと、背番号をつける必要が出てきます。

そこで、試合用のものを買う場合は、普通のユニフォームとは違い、ほとんどの場合注文をしてから作ってもらうことになります。オーダーメイドをするにはまず業者に依頼をしなければなりません。デザインから決めていかなければならないのです。

デザインは自分たちで考えてから業者にできあがったものを提出して作ってもらうことになるケースが多く、デザインから考えてくれる業者は少なくなっています。

しかし、中にはデザインも考案してくれる業者もありますので、見つけることができればラッキーです。デザインから考えてくれる業者は、デザインが決まったあとに試作品を製作してくれ、それで購入者が納得をすれば全員分のものを制作してくれます。この工程であれば間違いがなく、最終的にできあがってくるものは希望するものとなります。

一つのユニフォームができあがるまでには、簡単なようで大変な作業がいくつかあります。その作業を行ってくれる優良な業者を見つけることができれば、素晴らしいユニフォームを作ることができます。良いものを作ってもらいたい場合は、業者選びを間違えないことが大切で、業者さえ間違わなければ希望するものを手に入れることができるでしょう。それだけ、業者選びは慎重にしなければいけません。


≪関連リンク≫
製作実績10,000チーム以上!
フットサル・サッカーユニフォームのオーダーは【ロンヨンジャパン HOME】

自分のチームだけのユニフォームを作ろう!
ハイパフォーマンスを実現するための最高の素材とデザイン【昇華プリントユニフォーム】

次の記事へ


PAGE TOP

  • 他社にはないロンヨンのこだわりを紹介!
  • ユニフォーム ユーザー紹介
  • ランキング