サッカー用具インナーのおすすめと購入方法|フットサル・サッカーユニフォームオーダーならロンヨンジャパン

フットサルユニフォームオーダー > コラム > サッカー用具インナーのおすすめと購入方法

サッカー用具インナーのおすすめと購入方法


ユニフォームに厳しいサッカールール



サッカー競技の規則では、違反や罰則および判定基準など競技全般に関わるルール以外にユニフォームにも細かい規定を設けています。簡単に言えば、自分と相手側および味方陣営、さらに審判者すべてに対して、危険を及ぼす服装や用具は一切禁止するというものです。

一例としては、ジャージとショーツが一体になったつなぎのような形状は禁止であり、シャツに袖をつける事、およびスローガンや広告付きインナーの着用は禁止、それらを見せるためにジャージやシャツを脱ぐ事も禁止であるといった具合です。

何年か前にワールドカップを外された仲間選手に向けて、自分のシャツを指し示してグラウンドを走り抜けた代表選手の姿が衛星中継に映し出された事がありましたが、今考えるとかなりきわどい行動だった事がわかります。

こうした規定は審判者にも適応されており、対戦する両チームのユニフォームカラーとは被らないものを着用しなければならない事になっていますから、試合前にあらかじめ準備された様々な色のユニフォームの中から、最も無難と思えるものを選択する必要があります。

もちろんピアスやネックレス、指輪や腕時計、ブレスレットなどの着用は禁止です。確かに強烈な威力を持ったボールが飛んできた時に、これらのグッズが凶器になり得ると考えれば、理にかなったルールに違いありません。

同様に袖付きを徹底させているというのも身体を守るためと考えれば、これも不自然なルールではないと納得できます。

ジャージは一般的にユニフォームとして採用されていますが、通常インナーと一緒に着ます。ジャージは素材や季節を考えても理想的なユニフォームなのですが、難点はボールが当たった時に強烈な痛みを伴う事と、想定外のけがを負いかねない事です。そのため必ずと言っていいほど、インナーと合わせて購入されます。



インナーはジャージと対で購入



基本的にサッカー選手が着用しなければならないユニフォームとして、サッカー競技規則では5項目をあげています。ジャージまたはシャツ、ショーツ、ストッキング、すね当て、シューズの5つは、選手が試合および練習中に起こりえる、あらゆるけがやトラブルから身を守るために大切な用具です。

一つ一つに細かい規定がありますが、毎年補足および修正が行われますから、審判は毎年研修を受けなければなりません。また、審判は選手の足の動きで判定をしますから、用具の規則は審判の目をちらつかせないためのルールでもあります。

ちなみに、ジャージと合わせてインナーを購入することもよく検討されています。インナーすなわち下着はユニフォームの下に着るものですから、そこまで考えなくてもと思われるのですが、世界中でプレイする機会が多い選手にとって動きやすく快適にプレイできる環境は重要ですし、チームワークが勝敗を決める事も多いスポーツなだけに、常に統一や結束を求められるのです。

一般的にユニフォームは伸縮性や保温性および防湿性のあるものが奨励されていうように、インナーに関しても寒い季節や地域での競技をしなければならない時には、同じく防湿性や速乾性かつ吸汗性にすぐれたインナーが奨励されています。

インナーは通常長袖ですから、その上に半袖シャツを着て試合に出る事も可能です。また、トップスと同時にショーツも市販されています。希望によりロングとハーフのいずれかを選択できます。

いずれにせよ伸縮性は通常のどの下着よりもあるので、ぜひ他のユニフォームと合わせて準備をしましょう。チームのシンボルマークを昇華プリントで印刷することもできるうえに、使い勝手および着心地も良好となっています。



おすすめはこれ



サッカー選手が着用するユニフォーム一つ一つに細かいルールを定めている競技規則には、さすがに下着類の記述までは見つけられませんが、ユニフォームとして正式に認められているジャージの下にシャツを着る形で多くは利用されています。

激しく動く分、汗をかきますから、吸汗性がある事と防湿機能を備えていることは、試合に集中するためには必要不可欠です。多くのユニフォームに採用されている素材はポリエステルで、メーカー独自に開発した素材というのもあるのですが、丈夫さや洗濯のしやすさおよびコストパフォーマンスのほかに、着心地のよさなど複数の要素で比べてみると、やはり従来の素材が多く活用されています。

デザインやファッション性以上に耐久性を追求したものでなければ、高額年収を約束された名選手からもニーズが薄いという結果になっています。

少年サッカーで始めるならなおさらで、海のものとも山のものともわからないうちから高級素材に走っても意味がありません。下着類といってもトップスはそのまま上に半袖シャツを重ね着して試合に出る事もあるように、他のウエア同様チーム柄で統一するのが主流です。

海外遠征をする場合や寒冷地で活躍するのであれば、なおの事インナーにこだわるのは自然でしょう。多くの選手に支持されている人気店舗なら豊富な品ぞろいの中から、何度も商品テストを繰り返した自信作を提供されますし、他のユニフォームと同一色にしてセットで購入される事も多いです。

昇華プリントというハイテクノロジーな方法でコピーされたものと従来のコピー方法とがありますから、好みによるものの、耐久性を問うのであれば前者の方がおすすめです。


≪関連リンク≫
製作実績10,000チーム以上!
フットサル・サッカーユニフォームのオーダーは【ロンヨンジャパン HOME】

寒い環境でも有意義に過ごせるインナーを着よう!
ユニフォームと自由にカラーの組み合わせ可能!【インナー】

次の記事へ


PAGE TOP

  • 他社にはないロンヨンのこだわりを紹介!
  • ユニフォーム ユーザー紹介
  • ランキング